未分類

「吟じますっ」

E9

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今週末はF1鈴鹿GPです。

レッドブルを飲んで、応援しております。

E0

たぶん本田技研工業㈱の社員の皆様も

Honda Carsの皆様も

Honda Marine販売店の皆様も

レッドブルをがぶがぶ飲んでおられることでしょう。

がんばれ、ガスリー&ハートレー!

さて、溜まった修理をハイピッチでこなしております。

まずはHonda BF2D4とBF5Aを同時にご依頼で入院。

「2台で予算〇〇円ぐらいで収まれば」とのことで

「整備だけだったら収まるのでは」と言ったのですが・・・

まずBF2D4ですが・・・

E1

キャブレターのチャンバー内が、塩まみれです・・・

キャブの交換をしたら予算オーバーなので

最低部品の交換で、何とか。

E2

内部カバーがきっちりはまっていません。

プロなら、こんなミスしないので

たぶん、ご自分で分解したことがあるのでしょう。

次はBF5A、ギヤオイルが白濁してたので・・・

E3

オイルシールを打ち換えしました。

E4

たぶんこれで大丈夫でしょう。

来たときにエンジンは掛かるのですが、オーバーフローします。

E5

保管中にガソリンを抜かなかったようですね。

ここまでは想定内。

あとインペラーを交換しますが、意外ときれいで

他の部分と部品の古さのバランスが???

サーモスタットは「最近交換したので、交換しないで」

とのことで、そのまま触りません。

さて、エンジンを始動します。

「あれっ」

エンジンは一発始動ですが、検水口からの水が

しぶき程度で、だんだん水蒸気に変わってきます。

(あせっていたので写真撮るのわすれていた・・・)

エンジンブロックを触診します。

「ああああああああっ、オーバーヒートするっ!!」

赤外線温度計が要らないぐらい、はっきりわかります。

「あかんあかんっ」「緊急停止~」

インペラー周りを丁寧に点検したし、

新品のインペラなので余計あせります。

サーモスタットを点検しますが、確かに新品が入っています。

エンジンブロックを降ろすしかありません。

「あちゃ~」

試運転のあと、次のお客さんのエンジン修理に移る予定だったので

半泣きです。

E6

ブロックを分解しながら、インペラーが比較的きれいで

「サーモスタットは新品なので交換しないで」と言われていた

納得がいきました。

「吟じますっ!!」

「不調ならぁ~先に言ってよぉ~オーバーヒートォォォ~」

E7

シリンダーブロックを外したら、水路の外側ですが

インペラーの破片を発見。

おそらくサーモスタット周りにあったやつを掃除したとき

ぽろっと落ちて隙間に入ったのでしょう。

ウォーターパイプを外したら、

「やっぱり・・・」

インペラーの破片が詰まってふさがっています。

E8

長期間交換をしなかったり、ゴミを吸ってインペラーの羽根が

バラバラになった場合は、破片を全部捜索しないといけません。

当たり前ですが、詰まったままインペラーだけ変えても

オーバーヒートは直りません。

サーモスタット自身に至ってはオーバーヒートの原因に

なる確立は、意外と低いです。

(Honda船外機で使用しているサーモスタットの場合です。

寿命で壊れてオーバークールのまま走っている人は、意外と多い)

E9

破片を丁寧に取り除きます。

通路が開通し、穴が見えてきました。

E10

「対象腫瘍、摘出終了!」

このあとヒーヒー言いながら頭(ブロック)を再接続し、

液体ガスケットが乾く時間が必要なので一旦終了。

この日の目標だったもう一台に掛かります。

苦労した私を神様は見放さなかったのか、

折れると思っていたボルト類が奇跡的に全部はずれ、

こちらも液体パッキンの乾く時間を待つところで終了。

日が変わる前に家に帰れました。

今日は試運転から開始で~す。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA