未分類

お叱りと大量の仕事と平成最後の夏の終わりと、ミスチルの曲♪

aa20

皆さん、ご機嫌は如何でしょうか?

本日、会社は休みなのですが、仕事がたまっているので

出勤しています。

さらに、常連様に「最近ブログ書いてないですね」と叱られたので

がんばって書きます。

BF2DHがたくさん売れて、ハッピーなのですが、

箱にホッチキスの芯が付いているので、はがすのに

地獄をみています。

aa1

海外生産になってから、各パーツは耐腐食性や防錆性能が

格段に向上し、いいこと尽くしなのですが、

唯一、このホッチキスの芯が辛いです。

ダンボールの再資源化(リサイクル)の為に

がんばっています。

修理に大切なワタシの手首が腱鞘炎になります。

積み上げた空箱をみて、手首が気絶しそうになります。

さて、知りあい(業者)から頼まれて新品BF2DHの点検をしました。

通販で売ったら、「スパークしていない、初期不良だ」と

言われたとのことで・・・

↓ 動画です ↓

2978-0

但し、エンジンは掛かりません。

プラグホールから燃料を入れると「ブブッ」と

爆発するので、キャブレターが原因か。

分解/点検すると、信じられない光景が

「はぁ~なんやこれぇぇぇぇぇ~」

2978-2

なぜか、塩水が入っていて、ところどころ

固体になりかけです。

塩水なんか、新品の船外機に入っているはずが無いですから

燃料と一緒に入れたんでしょうか?

こわい・・・・・

他人事とはいえ、人間不信になりそうです。

現在はこの20年選手のBF130AXに掛かりっきりです。

有名な業者様からの持込です。

まだまだ使えるので、総点検&整備のご依頼です。

aa2

Honda船外機は特にエンジン主要部

(シリンダー、ピストン、クランクシャフト、バルブなど)の

耐久性が強烈に長持ちするので、

20年経っていても平気で動いています。

定期的にメンテナンスをしてもらっていたんでしょう。

さあ、健康診断の開始です。

aa3

圧縮はバリバリ、問題なしです。

aa4

燃圧は、最高値はまあまあぐらいですが、

吹かした瞬間の落ち込みが大きいように感じます。

20年経っているので、換えておきましょうか・・・

aa7

係留保管なので、燃料クーラーを分解して

点検します。

aa8

スロボは適度に汚れてました。

aa9

20年で、この汚れは無いので、途中で交換は

してもらっていた様子です。

aa10

ベーパーセパレーターも分解確認。

ゴミや塩の沈殿はありませんでした。

aa11

「げっ・・・・」

aa12

「ううっ、ここもか・・・」

エクステンションのブッシングも寿命が終わっていました。

aa13

ここから漏れておりました。

ああ、全部バラバラだ~(泣)

aa14

ベアリングも錆びていましたし、

シャフトのシールの当り面も痩せているので、

悩みましたがどちらも交換します。

なお、この前期型Vシャフトは最後の1本だったようで、

今度からBF130A同様の修理は、

後期型Vシャフトを使用することになりそうです。

20年前の部品があっただけで奇跡ですね。

その、BF130AXの部品を待っている間に

数台の修理をしていきます。

まず、Tohatsu MFS2Bです。

エンジンが掛かり辛いとのことで・・・

aa15

スパークはしているので、キャブを分解します。

aa16

ニードル弁が固着していて、分解に苦労しました。

「掛かり辛い」ではなく「掛からない」だったと

思います。

何とかうまく清掃できて、キャブレターASSY交換を

免れました。

aa17

あとBF2DK2の水没機の修理もありました。

ビギナーを乗せたら、バランスを崩して

転覆しちゃったということで・・・

aa18

新品を買っていただいた直後だったので

出血大サービスで直しました。

「この金額で済んだの?」と言われましたが、

「通常は、この3~4倍です。」というと

納得されていました。

お次は平成7年製のTohatsu M4Cです。

23年選手ですが、始動性も良く、非常に回転が

滑らかでモーターのように回ります。

慣らしが非常によかったのかな?

トーハツの船外機の耐久性素晴らしい。

aa20

水は出ていたのですが・・・

aa22

インペラーの羽根が1枚もげています。

「ああ、捜索隊出動~羽根どこや~」

aa23

下にいました。良かった~

お次はMercury 5Mです。

始動性がイマイチとのことで・・・

aa26

確かに、掛けるのに苦労しました。

キャブレターも清掃しました。

混合ガソリンまで疑って新しいのを作り直したり

しましたが、5~6回は最低、引っ張らされます。

掛かっても「ダンダンダンダン♪」と

ベアリングなどのメカノイズが大きいです。

圧縮をはかります。

aa27

18年前Mercury 5Mは650kpaです。

さて、兄弟モデルの先ほどの23年前のM4Cは・・・

aa28

700kpaです。

数値差で思う以上に、なんせ掛かり辛いです。

常連様にお電話して症状を説明します。

「残念ですが圧縮等性能が落ちてきているので、

お金をかけても始動性を大幅に向上させるのは、

難しいかもしれない」と・・・

お客様は

「いままで掛かった分は払うので、中断して欲しい」

とのことで、新品の買換えを検討するとのことです。

そのほうが良いかもしれません。

さて、今日もこのあと、BF130AXの完成に向けてがんばります。

「まぁたぁぁ~夏が終わるぅぅ~もうサヨナラだねぇぇ~♪」

平成最後の夏の終わりも、ミスチルの曲が

FMから流れてきま~す。

さびしい~秋よ来ないで~

 

コメントを残す

*

CAPTCHA