未分類

Honda BF225A6の続きと、またME2.0Eが入ってきました・・・

I25

皆様ご機嫌はいかがでしょうか。

本日は朝から、バスボート高速ドライバーさんがご来店され、

琉球泡盛を頂戴してしまいました。

I0

ご本人の顔写真入りの貴重な泡盛です。

沖縄の風を感じながらいただくことにします。

I1

さて、先日に続き、またMercury ME2.0Eがやってきました。

「1万ぐらいで直ると思うよ」と知人からもらったとのことですが・・・

インペラーは無事なのに、インペラーの破片が水管に

刺さっていました。

I2

スパークプラグに水が付いて錆びています。

水は爆発しません。

I3

シリンダーにピストンリングの錆びた痕がついていますね。

I4

やっぱりシリンダーヘッドガスケットが抜けております。

お客様の前でギヤケースを外し、インペラーを

見ようとしますが、ボルトが2本塩害で外れません。

「折ってもいいですか」とお客様が言われますが、

やめてくださいと、お帰りになられてから作業を開始しました。

I5

折ると先日の同型のように「地獄の作業」になるので

ボルトの頭を飛ばして、ポンプケースを助けます。

I6

プロペラを外すと、この世のものとは思えないほど

ラインを巻き込んでいます。

I7

多分、私がみた中で上位3位内に入る量です。

ギヤケースの分解に入ります。

「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ」

ジーパン刑事より大声で叫んでしまいました。

I8

ギヤケース内部に、船外機ギヤオイルではなく、

2-4-Cグリスが満タンに入っているでは無いですか!

なんでこんなことになっているのでしょうか???

I9

「ライン巻きにも負けず、グリスにも負けず」

無事、折らずにボルトを救出しました。

塩害バリバリで真っ白です。

アルミ+ステンレスは注意が必要なんです。

I11

仮組みして圧力テストをします。

塩害でベースが固着しているので、ボルト無しで

テストしますが、圧モレモレです。

で、水が入っていたので、かわりにグリスを入れたのかな?

「あああああぁ」

I12

ここにもグリスがいます。

悪いところだらけなので、もっと分解しないと

見積が書けません。

I14

もう気絶するぐらいバラバラです。

修理しないと言われたら、分解/見積代をいくらもらおうか

悩んでおります。

インペラー故障→破片とらずインペラーだけ交換→

海水上がらずオーバーヒート→高温でヘッドが歪んでガスケット抜け→

シリンダー内に海水噴射→スパークプラグとシリンダー、ピストンリング錆びる→

ポンプケースボルトに塩害処理せず→ボルト固着?かな。

この分解に掛かった時間でBF225AK3なら消耗品を交換できますね。

明日、また悩みながら見積をしたいと思います。

お次は先日、時間切れで帰ったボート販売業者さんの

中古艇再販前整備のBF225A6の整備の続きです。

バーチカルシャフトのブッシュ(カットレスベアリング)が

ちびっていたので、交換しました。

I15

挿入時はまっすぐ入るか、心配でしたが・・・

I16

結構うまくいきました。

このブッシングは寿命の長~い消耗品です。

5年~8年ぐらいで交換をする場合もあります。

(使用回数などでも変ります)

I17

プロペラシャフトには新しいグリスを塗布してください。

ボルトが折れていましたので、修理します。

I18

6mmのボルトに、3/4/5mmと順に穴を広げますが、

センターからずれると「地獄」なので、

すごく緊張して作業をします。

I19

ステンレスに亜鉛メッキのボルトなので、

ハンドドリル作業は「地獄の綱渡り」です。

丁寧に、丁寧に時間をかけて作業します。

お客様に聞いたのですが、どこかのお店は

「ねじ山修正ん万円」らしいですが、

私も、できればそれぐらい欲しい!

I20

無事、修正完了です。

何百万の中古艇なのに、ボルトが折れたままって、

ジジ臭いですもんね。

このお店の社長さんは、もともと海保にもいたことがあるので

海のことには妥協しません。

http://www.resort-marine.jp/stock/

私も叱られないように、見逃しがないように

真剣に作業を行います。

I21

もう一箇所、折れていました。

前のオーナーさんが折っちゃったんでしょうね。

部品をエンジンから外し、ねじ山を修正します。

ここもステンレス&亜鉛メッキですわ~(泣)

I23

この2箇所で貴重な時間を大量に消費しますが、

中古艇全体のクオリティーを落とすことを見逃しできませんので

がんばりました。

お次はエンジン内部アノード交換します。

まず右側・・・

陸置き艇だったようですが、アノードが溶けて、

塩もこびりついています。

I24

次は左側です。

I25

こちらも、ちょうど交換どきだったようですね。

225馬力のセットされている25~28ftクラスは、

新艇で結構高額なボートなので社長さんクラスが買われるケースが多いですが、

数年ですぐ乗り換えるつもりで乗っておられる方が多いので、

あまり普段から重整備されません。

なので、下取りをしたボート販売店の器量が試されます。

整備していないのを次に買ってしまうと、

前オーナーの負の遺産を引き継いだようなものです。

しかも、中古は保証なし・・・

お店は・・・・・選ぶことが出来ますよ!

I26

右左両方外れました。

I27

細部まで丁寧にこびりついた塩や汚れを落として、

最後にO2センサーを外して濡らさないように注意して

ゴシゴシ水洗いします。

I28

アノードを交換したら、慎重に取り付けます。

ここはトルクレンチを使わないと、恐いです。

I29

今回はセルモーターとフライホイールの

確認もしました。

一切錆無し、ピカピカでしたよ。

I30

エンジン全体の整備が終了しました。

お次は船体側の燃料フィルターなどのチェックを実施します。

少々細かなゴミが入っていたので、清掃しました。

次回、海上試運転が終わったら、完璧終了です。

多分、すぐに売れてしまうんしょうね。

ここまでやったんですから、超安心で~す。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA