未分類

HONDA BF250Aをセットするっ!!!

250-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日はまだ、雪の残るマザーレイク琵琶湖にある・・・

250-0

ビーフリークWest161さんに

HONDA BF250Aのセットのお手伝いに行ってきました。

250-1

そうそう、H部長に聞いたのですが、

本場USAのトーナメントでレジェンドの「Paul Elias」さんが

2017年から「Bass Cat」に移られるそうです。

https://www.basscat.com/news/page/29/hall-of-famer-paul-elias-joins-the-bass-cat-team

https://www.bassmaster.com/anglers/paul-elias

ビーフリークWest161さんは「Bass Cat」バスボートの日本の

販売店をされていますね。

そして「Paul Elias」さんのエンジンもBF250Aです!!

今回はオーナー様のご了承を頂いていないので、

艇体の写真はナシですが、

オーナー様はBF250Aを載せるために現在の艇体色を選んだと

うれしい裏話もで聞けました。

リモコンレバーは艇体にセットされていた他社製のものを

内部の部品を組み替えて再使用します。

250-2

ビーフリークさんは現在の最新ボートのたくさんのハイテクを十分に理解し、

ユーザーにフィードバックされています。

今回もNMEAの情報をエンジンからアウトプットするため

艤装時に専用6Pケーブルを接続されました。

250-3

これでこのボートに装備されているLOWRANCE HDSで

エンジン情報をモニターできるようになります。

BF250Aのエンジン情報とは、

回転数(rpm)

発電量、

各センサーの異常の有無、

オーバーヒート

油圧低下

電圧低下

燃料フィルターへの水の浸入

燃料の消費やマネジメント情報、

エンジンアワー

水温

シフトのニュートラルポジション

などです。

水圧計を付けるためにサーモスタットを分解します。

250-4

BF250Aはクルマのような大きなサーモスタットが入っています。

250-5

水圧計(psi)のピックアップのニップルは、

このメクラ蓋をはずして付けます。

250-6

ここにホースをつなげばOKです。

BF250Aは楽をさせてくれます。

250-7

BF250Aを頭の上から見ます。

真ん中の穴は電装品の冷やすファンからの

空気の出口です。

そう、BF250Aは性能の低下を防ぐため、電装品を

強制空冷して冷やしているのです。

250-8

8:30からの作業がシコシコと進み、夕方頃

形になってきました。

250-9

最後の確認の為の試運転をします。

プロペラはFURYのキッツいのが入っていますが、

たぶん、回しますよと・・・

艇体の色とBF250Aのアクアマリンシルバーがマッチして

すごくカッコいいです。

また楽しい仕事をお手伝いさせていただきました。

おいしいお酒が飲めるというものです。

オーナー様、ビーフリークWest161様、有難う御座いました~。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA