未分類

HONDA BF2D4の修理の続きとBF2D6の水没修理

q10

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

このCMのボートのエンジン、VOLVO PENTAですね。

乗ってみたいな~

さて、BF2D4の続きと、BF2D6が新たに入院しました。

t6

まずはD4の続きから。

q1

どんどん分解をしていきます。

q2

錆びて、放っておくと穴が開きそうなので

バルブカバーも交換します。

q3

ついでなので、バルブカバーをはずしたチャンスに

バルブクリアランス調整もしておきます。

q4

新品のカバーには、2度と錆びないように

さらに耐熱塗料を塗装しておきます。

q5

ギヤーオイルも交換です。

黒かったので、点検してよかったです。

完成してオーナー様に電話をすると、

「もう出来たのですか?」と・・。

部品が在庫しているものでみんな間に合ったので

早かったです。

お次は水没修理のBF2D6です。

水没後、ご自分で洗ったりして修理して使って

いたが、プロペラが回らなくなってしまったと・・・

q6

「手術開始~」

どんどん分解していきます。

q7

水没後、直ぐに洗っただけあってきれいです。

手前のホースから、海水がクラッチハウジング内に

入ったようです・・・

今回もっとも可能性のある患部に掛かります。

「ああああっ・・・・・・・・・・・・」

q8

思ったより、悪かったです。

錆と電気腐食で分解するのにも苦労しました。

q9

こちらも・・・再使用は・・・

q10

がん細胞を切除する様に、

ヤバイ部品をどんどんはずしていきます。

もっと分解しま~す!

特殊工具が活躍します。

「摘出終了!」

q11

残念ながらハウジングもダメですわ。

水没後、1~3日以内に持ってきてもらったら

この辺は、ほとんど助かったと思います。

でも、直るメドもつきました。

その他はおおむね無事です。

オーナー様、新品買うよりはずっと安いです。

ご安心くださいませ・・・・。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA