未分類

TOHATSU MFS2Bはなんと・・・・・

g2

皆様、ご機嫌はいかがですか?

先ほど、知らない人が突然修理工場の奥まで

入ってきて

「〇〇君いますか~」と

脳裏にカスリもしない人名を・・・

恐かったですわ~

本日は、となりのとなりの県からご来店。

HONDA BF2DK2のオーナー様です。

「7月に修理してもらって1回はちゃんと動いたが

2回目は沖で止まってエンジンがかからない」と

少し、ご機嫌が・・・

その後ご自宅でも掛からなくて、

「完全に掛かりません」と認定済み?

あちこち点検し、「これは掛かるぞ」と感じたので、

気合を入れてロープを「ブ~ん」と引っ張ると

1発で「ブンブンブブブッブンン~♪」

オーナー様、ビックリしておられます。

「私のときは、掛からなかった・・・」

点検で、オイルが多めだったので、ついでに

交換をさせていただきます。

g0

250ccが上限のところ、300cc以上

入っていました。

使っていると、どんどん調子が悪くなる訳です。

確か通販で買ったと言われていたと思うので

エンジンの掛け方、掛かりにくい場合の操作など

ご指導させていただきました。

「オイルも換えて貰ったしお金払います」と言われるので

オイル交換のお金だけもらいました。

「こんなに安くていいのか~」って、言われて

ビックリしましたよ。

どこも壊れていませんでしたし、2回目ですから。

ちなみに7月の修理はキャブレターのガソリン抜きの穴が

固着して、ガソリンが抜けないとキャブが故障するので、

部品(フロートチャンバー)を交換したのでした。

さて、もう一台入院中です。

TOHATSU MFS2B君。

これは、お盆前に来店され、緊急でフロート高さを

調整して当日お返ししたエンジンです。

g1

前回はキャブレターのオーバーフローで、

フロート調整をしたのですが

1回はちゃんと使えたが、2回目は沖で掛からなくなった

とのことで、

「前と同じ症状ですわ」と、

こちらもご機嫌が少し・・・

「フロート調整しても直らないなら、最悪はキャブレター自身を

交換しないと結果が出ないかも知れません」

あと、ゆっくりみせてほしいのでと、お預かりしました。

で、キャブレターを分解してみると

「ああっ~」

g2

ゴミ(錆の粉のような・・皮のような・・)入っていました。

前回のフロート高さを調整したときは

きれいだったんですけれども?

不思議です。

異物がニードルに引っかかっていたのでしょうか?

ゴミがあったので、タンクの中身の方も点検を・・・

g3

こちらも不思議・・・

タンク内はキャブレターよりもきれいです。

(少々のゴミはありますが)

お客様には電話をして状況を説明し、

お持ちの携行缶の中身のチェックをする様に

お話をしました。

小型の船外機は燃料フィルターが付いていなかったり

付いていても単純な機構がなので、

ゴミの混じった燃料を補給すると

直ぐにキャブレターまで達してしまいがちです。

燃料の管理は十分に気をつけてください。

さあ、台風がすぎたら、秋がやってきましたね。

最近では買い物でコンビニに入っても、

短パンなのはワタクシ一人で浮いていましたので、

季節に抗うのもヤメにしようと思いま~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA