未分類

W攻撃を受けていたTOHATSU MSF2Bは引渡しが完了しました。

d-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

明日から連休ですね。

(私は明日は仕事ですが・・)

台風、なんとかならないものでしょうか?

今週から、BF60Aに新しく兄弟モデルとなる

XRTNが加わりました。

bf60a

今まではX足のリモコン仕様はBFP60Aという

BF90Dとおなじ様な大きさのギヤケースをつけた

パワースラストモデルだけだったのですが、

LRTNと同じ小型のギヤケースモデルが仲間入り

したので、軽めの船体のボートでは、こちらの方が

お勧めとなります。

簡単に分けると

・プレジャーボートならBF60A XRTN

・作業船ならBFP60A XRTN

みたいなイメージですかね。

プレジャーでも重いボートならBFP60Aの方が

いい場合もあるでしょうけれども。

まよったっらプロに相談しましょう。

10月にも、今度は大量8機種もラインナップが追加になります。

F1も順位が上がってきたし

NSXも発売開始したし、

最近元気なHONDAさん。

5月にはBF2Dが新しくなったところですが、

今まで以上に性能のいい船外機が

どんどん出てくると思います。

乞うご期待を!

さて本日はTOHATSU MFS2Bの修理機のお引渡しが

ありました。

(最近修理にご来店になるのは、TOHATSUの方が多いような・・・

新しいお客様が増えるのは、ありがたい限りです)

d-1

お客様は通販で購入されたとのことで、

最近、クラッチをつないでエンジンを吹かすと

エンストするとのことでした。

お預かりして点検を開始します。

d-2

キャブレターを分解して確認します。

メインジェットが詰まり気味で1/3ほど

通路が細くなっていました。

クリーニングをおこないます。

きれいになりました。

(写真はクリーニング実施後)

d-3

プロペラシャフトには大量にPEラインを巻いていました。

メインジェットと糸巻きのW攻撃だったと思われます。

ラインの一部がオイルシールに掛かっていたので

仕方なく、ご依頼の無かったギヤオイルの点検も

実施します。

d-3-1

水の混入は無かったのでホッとしました。

d-4

エンジンオイルはご依頼があったので交換します。

パッキン代わりのアルミワッシャーは毎回交換しましょう。

1枚¥76-ですし。

d-5

試運転を開始します。

暖気が終わって、大体規定のrpm回転どおりですね。

ここからキャブレターを真剣に微調整します。

d-6

さらに200prm上がりました。

ここが、一番調子の良い状況です。

アイドルストップスクリューを調整し

規定回転に再度あわせます。

d-7

クラッチインで吹かしてエンストなので

負荷をかけないといけません。

ムリネ(テストペラ)を使おうか迷いましたが

何とか通常のプロペラでも回せましたので、

クラッチをつないで短時間吹かしてみます。

OKのようです、直りました。

オーナー様がエンジンを取りに来られた時、

ボートを降ろすスロープで知り合った方に

キャブレターの燃料は抜いて保管するように

注意されたと教えていただきました。

で、今度からは絶対に抜くとのことです。

そのように皆さんが実施されるようになれば

トラブルが減ってうれしいですね。

さて・・・今度の休みはひさしぶりに叔母のお墓まいりに

行ってこようと思います。

小さいとき、良くおもちゃを買ってもらったんです。

亡くなる直前まで、こんなおっさんが子供扱いでしたわ。

1年ぶりになるので、怒られるかな?・・・・・・・

 

コメントを残す

*

CAPTCHA