未分類

休み明けはの持込修理は、TOHATSU M9.8Bから始まりました。

0010-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

「♪ま~た夏がおわ~る~もうサヨナラだ~ね~♪」

FMラジオから、このミスチルの曲が流れ出すと、

毎年さびしくなるワタクシです。

ああ、夏よ行かないで~

さて、お盆休み明け1台目の持込修理は

TOHATSU M9.8Bがやってきました。

0010-1

オーナー様は軽いこの2ストロークがお気に入りです。

エンジンが掛からないので修理してほしいのと、

ギヤオイル交換など点検ご依頼です。

0010-2

キャブは、コテコテでした。

0010-3

完全に詰まっていたので、専用工具で開通させます。

仮組みしてとりあえずエンジンを掛けてみて、

修理方針を考えます。

スムーズに始動できるようになりましたが、

少々シャクッておりますね。

0010-4

サーモスタットは、ちゃんと仕事をしているかな?

0010-6

大丈夫そうです。

0010-5

でも、交換したくても、もう塩噛みでネジは緩みません。

折れると思うので、サーモはこのままにするしか

無いですね。

(サーモが壊れてたらボルト折れても修理するしか

無いので、助かりました)

0010-7

プロペラは、グリスが切れてはずすのに苦労しました。

0010-8

「ボルト緩まないかも」とオーナーを脅かしていましたが

難なく全部緩みました。

ホッとします。

(10年ぐらいインペラー替えてないとのことでしたので)

0010-9

ギヤオイルの色が微妙だったので・・・

0010-10

リークテストをしました。

漏れがなかったので、一安心です。

見積もりが出来たら、お電話して続行の予定です。

あともう一台・・・水没のBF2DK2も入ってきました。

全部バラバラにして・・・

水没後1週間経っていて、ダメかも知れません。

明日、再度精査してみますが・・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA