未分類

MERCURY F2MとHONDA BF15Aの修理

0002-11

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

雨で出張作業の予定が狂いまくっているワタクシです。

梅雨時期は、つらいな~

本日は、BF90DK0のメインハーネスの導通確認の予定です。

時間かかるなあ~

0002-0

さて、突然Mercury F2Mがやってきました。

水没したらしく一刻を争います。

0002-1

エンジン内の海水をひたすら抜きます。

エンジンオイルの中にも・・・

0002-2

ガソリンタンクの中にも大量に・・・

0002-3

お客様は、エンジンオイルを何度も交換し、

分解せずに復帰させることを希望されました。

(全部バラバラにしないということです。)

この方法では、後々になって故障してきて

壊れてしまう可能性があります。

特にクランクシャフト周りが心配です。

何度も説明し、当方では責任を取れませんということを

約束していただいたので、実施しました。

但し、それでもお受けできるのは単気筒モデルだけです。

2気筒以上は、この方法での修理はお受けできません。

高馬力では、数年後にクランクシャフトが焼きついたり

したと聞いたことが多々あります。

0002-4

キャブも・・・分解して清掃をします。

仮組みをします。

0002-5

やっとエンジンが掛かりました。

少し運転し、直ぐにエンジンオイルを交換します。

昨日は他の作業をしている横で、エンジンをずっと

掛けていました。

部品が届いたら、本組みしてまたエンジンオイルを交換し、

完了になる予定です。

次はHONDA BF15Aです。

エンジンは直ぐに掛かるが直ぐエンストするとのことです。

0002-6

試運転をしようと・・・

掛かりかけるけど、なかなか掛かりません。

やっと掛けたら・・「おわっ・・」

「♪カンカンカンタンカン~」

「あかんあかん、つぶれる~」

エンジンの内側から、ものすごい打撃音です。

検水口からの水も、チョロチョロ~というかポタポタ・・

圧縮を測ります。

1番・・

0002-7

1000KPaぐらいあって、まあ、まあ・・

2番・・・「えつ」

0002-8

何度も、何度も測りますが・・・「ゼロ」

ファイバースコープで内視すると・・

0002-9

クランクを回しても、バルブが下がりません!

「バルブが落ちてるわ・・・」

シリンダーヘッドをはぐります。

0002-10

2番の排気側バルブがグラグラです。

幸い、完全にぶっ壊れる前に持ち込まれたので、

致命傷まで至っておりません。

0002-11

1つだけスプリングが伸びきっていますね。

0002-12

右が落ちていない1番のバルブリテーナーで

左が今回のものです。

バルブを留める穴がズボズボになっていました。

オイル交換の頻度が少なかったのかな???

0002-14

ピストンにもうっすら、バルブの打撃痕があります。

これが「コンコン音」の痕ですね。

その他・・・

0002-15

パイロットスクリューのスプリングが入っておらず、

思いっきり締めこんでありました。

エンジンなかなか掛からない訳です。

インペラー交換はしなくて良いとのことでしたが・・・

0002-16

交換するしかないですね。

ポンプケースのボルトにはずした痕が

はっきり付いていなかったので、

ひょっとしたら17年間で初めて?開けたのかな?

(このエンジンは平成11年製です)

お話を聞いた使用回数では、最低半年に1回、

出来れば3~4ヶ月おきにエンジンオイルを交換して

ほしかったと思います。

あと定期的な点検も・・・

どうされるかな?

修理は可能ですが・・・

明日は出張作業で留守になります。

天気がよさそうです。

海で、GPSに外部操船場所用モニター増設したり、

スパンカーの帆の張替えです。

明日も日焼けするぞ~

 

コメントを残す

*

CAPTCHA