未分類

HONDA BF2D6のプーリーのネジ山の修正は難儀ですわ・・・

011-1

皆様、ご機嫌いかがですか?

明日~一週間ほどイベントや出張作業が連続で入っており

会社を留守にします。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

突然来られてもシャッター閉まってますのでご注意ください。

さて、本日は業者様がBF2D6を修理で持ってこられました。

メーカー→某ボートメーカー→某釣具関連業者様ルートで

購入されたが、逆ルートで修理をしてもらえない?と、

その釣具関連業者様が持ってこられました。

どうなってるねん(怒)

011-1

何かの手違いとは思いますが、本田技研工業は

アフターサービス(修理など)が出来ない会社には

一切、商品を出さないことになっていると聞いています。

売りっぱなしは、無いはずです。

さて、各部点検をしてみますが・・・

011-2

メモに書いてあったのは、このことか?

スタータープーリーを固定しているナットが

はずしてあります。

さらに、ねじ山(ネジ溝)が壊れています。

何かしようと分解して、組立てのときに斜めに入れて

壊したと推測します。

これ、ボルト側は「クランクシャフト」です!!

うまく直せなかったら超高額になります・・・

011-3

何とか苦労して、うまく直せそうでセーフです。

なにをしようとしたのでしょうか・・・・・?

011-5

うちで売ったのではないので、ここの対策がされていません。

何とか苦労してボルトを折らずに緩みましたが、

いつもながら冷や汗ものです。

011-6

ギヤオイルが黒いですね。

エンジンオイルと違ってギヤオイルは焼けたり、

カーボンとかススみたいなのは混ざらない密室なので

汚れは金属と金属の摩擦で出た鉄粉とかで色が

黒くなってくるので、真っ黒とかはよっぽど

長期間交換しなかったということになります。

最低1年に1回は交換してください。

ギヤが滑ってからでは、遅いですよ~。

さあ、見積を書いて業者様FAXすることにしま~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA