新着情報

HONDA BF90DK4の初回点検☆

90-2

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

今年のボジョレーは、イオンさんので、乾杯~♪

ちょっと高かったけど、おいしい。

90-1

もう一本あるので、今晩も乾杯~♪♪

私と違って、私の肝臓は年中無休です。

さて初回点検でT店長がBF90DK4を持ち込みされました。

90-2

オーナー様まだ数回しかお使いで無いようですが、

1年経ったので実施のご依頼です。

90-3

艇はバスボートなので、当然ハイレーキタイプのプロペラ、

SOLAS HR-TITN4をセットしています。

4翼プロペラにしているのは、若干アンダーパワーなので

それをカバーするためです。

たまに高速艇にレーキ角ゼロのステンレスプロペラまたは

アルミプロペラを履かせている方をお見かけしますが、

あくまで私の個人的な意見ですが、

HONDA NSXに商用タイヤを履かせているようにしか・・・・

SOLASのHR-TITAN3、HR-TITAN4(60HP~)

MERCURYのLESER-Ⅱ、TORPHY、FURY(40HP~㈱キサカ)

YAMAHA V-MAX PROP(200HP~)

等のプロペラは、日本でも容易に入手できます。

90-4

ギヤオイルのドレンを緩めるときは、コレ。

ちなみにドライバーは100円ショップで200円で買ったものです。

(KCTとかPBありますが、コレでじゅうぶんという見本です)

90-5

まだ13時間なのでギヤオイルは全然汚れていませんが、

初回なので、鉄粉はボルトの磁石にこんなに付着しています。

25時間で初回のギヤオイル交換を推奨している理由です。

最初が一番で易いとか。

90-6

ギヤオイル交換時、必ずパッキンは交換してください。

ここのは1個54円です。

90-7

各部増し締めの確認です。

とくにバスボートのジャックプレートは緩みやすいので、

確認のついでに再度ロックタイト強強度を塗布します。

本当にここは怖い、心配です。

90-8

ここも、緩んだら折角テストランしてセッティングした

最適の高さが狂って走りが台無しになるので、

各部同じトルクで増し締めします。

90-9

オイルフィルターも初回点検時に交換します。

90-9-1

新しいフィルターのパッキン部には、オイルを塗ってから

締め付けて下さい。

90-10

終わったら、交換日を書いておくといいです。

(汚い字でスイマセン・・・)

90-11

サイドカバーをはずすと、バーチカルシャフトがスパイラル効果で

巻き上げる水を外に排出する穴があります。

昔、「カバーから水が漏れてる~」と遠方から呼ばれたことが、

ありました・・・(泣)

90-12

これが5200rpmになったらバルブをハイリフトに切り替える

VTECスプールです。

T店長に聞いたのですが、このBF90DK4のオーナー様の

弟さんがこの艇と全く同じボートをレンタルし、それには

他社90馬力がセットしてあったのですが、

琵琶湖で走って比べたら

「自分の方が全然早かった(笑)」と大変喜んで居られた

らしいです。

ああ、うれしいです。

なんか、証明された~みたいで。

自慢の加速装置の「BLAST」と

可変バルブタイミング「VTEC」で武装したBF90DK4

DK4になってからさらに速くなってますし~

90-13

ベーパーセパレーター内の水の有無を調べます。

中古艇のエンジン換装の場合、燃料タンクは

そのままですので、まれにタンク内に水が

入っている場合があります。

油水分離器はBF90DK4セット時につけてありますが・・・

90-14

水の浸入はありませんでした。

90-15

ギヤオイルを抜きながら、プロペラやシャフトの点検と

マリングリスの追加塗布をします。

90-16

この6ピンカプラーにNMEAの接続をします。

LOWRANCEやHUMMINBIRD、FURUNOなどのエンジン情報を

モニタリングできる機種は、オプションのNMEAコードを買って

ここに接続すれば、

エンジン回転数

発電量V

各部センサーの故障やエラーの警報

オーバーヒートの警報

油圧低下の警報

各部システムの電圧低下の警報

燃料フィルターの水侵入の警報(センサーつきエンジンのみ)

燃料消費量(時間当たり/総消費量)

エンジン各部温度

エンジンアワー

シフトポジション(ニュートラルポジション)

などが、GPS魚群探知機のモニターで見れますので、

とくに燃料の消費量は行動範囲や帰港後の給油の目安に、

エンジン温度のモニタリングは、高速移動するバスボートなどでは

運転中にずっと確認していれば、水草を引っ掛けても

オーバーヒートの警報が鳴る前に気がつくはずです。

90-17

90-18

各ヒューズの状態を確認します。

まあ、水とかの侵入が無いかの確認です。

このクラスのエンジンで、朝に電話の入る率が

多いのは「ヒューズの位置どこ?」の

ような気がします・・・バッテリーの逆接続・・・

90-19

各部の点検のうちに、やっとギヤオイルが抜けたので

新しいのを入れます。

BF90DK4は0.95リットル入ります。

90-20

さらにその間に、吸引機君がエンジンオイルを上抜き

していました。

初回点検ですので、さらに・・・

90-21

初回なので沈殿したイヤなヤツも出したいですから

下抜きしました。

90-23

エンジンオイルのドレンボルトのパッキン(アルミワッシャ)も

必ず毎回新品に交換してください。

1枚¥103-円(税込)です。

再使用して、オイルを入れて、にじんできて、

仕方が無いのでまた入れたばかりのオイルを抜いて・・・

または良くやるパターンで最悪なのは、にじむので

増し締め、増し締め、増し締め・・・あっ・・・

ねじ山つぶして、オイルパン交換・・・

最近はオイルパンとボディーが一体になっているモデルも

ありますので、そうなったら・・・・

¥103-円です。5枚買っても¥515-です。

90-24

パワートリム&チルトのスラストレシーバー接触部には

気がついたら、直ぐグリスを塗ってください。

その後、出かけていたT店長が帰ってこられたので、

一緒にDr-Hパソコン診断機を接続してエンジンの

運転状況や履歴、

各センサーの異常の有無、

タコメーターや警報ブザー、警報ランプなどのテストを

一緒に実施し、PCに記録をして、

初回点検は終了いたしました。

T店長、いつもありがとうございます。

オーナー様もHONDA船外機を選択いただきまして、

有難う御座います。

今後とも末永く、宜しくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA