新着情報

HONDA BF50Aのパワートリム&チルトの修理

502-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日、BF135A4のオーナー様より電話がありました。

なにやら後輩さんの他社製エンジンの調子が悪く、

バルブクリアランス調整をご希望とのことですが・・・

「してもいいですが、その船外機のバルブのクリアランス調整は

シムでおこなうので、〇×〇〇×▲☆☆・・・・・」

先に4連のキャブとか、プラグを見るようにアドバイスしました。

う~ん、現地ではしごに登っては、ちょっと・・・・・

BF50Aのフルオーバーホールの続きですが、

パワートリム&チルトのモーターの錆がひどいので、

手を入れることにしました。

502-1

このネジは、相手がプラスチックなので、

緩みます。

下側のは、この時代はステンレスのネジに

相手はアルミなので、大体電気腐食や塩害でロックされて

回らず、折れます。(泣)

当時のPTTのモーターの外側は、鉄でした。

現在はプラスチックボディーですので、このようなことは

起こりません。

502-2

これ見たら、交換したくなりますよね・・・

502-3

ここまでは簡単に外れました。

内部は非常にきれいで問題なく動いていますが、

ところどころ錆が内部まで浸入してきていて、

時間の問題でした。

オー〇〇ョンなんかだと、こんなのはあたりまえ~

に出ているとか、いないとか?

502-4

やはり、交換しないと、気持ちよく売れないと思う・・・

502-5

本当にバラバラになっていますBF50A君。

下取りしてそのまま〇ーク〇ョンに出したほうが

儲かるとは思いますが・・・

技術を錆び付かせないための勉強と思って、

怠けそうな気持ちを維持しております。

502-5

本当に外側だけで、中身は正常ですので、

悪魔のささやきに気持ちは揺れましたが・・・

502-6

しかし~ガガ~ん

部品を調整しようとしたら、外側だけの部品は

すでに生産が終了となっていて、

(14年前のエンジンですし・・・あたりまえか)

モーターASSYで取るしかないようなのです。

「やられた~、部品代高くなる~ステンレスネジ折れる~」

楽はさせてもらえないようです。

他の見積とか商談とか事務処理が終わったので、

いまからステンレスネジと戦うことにします。

4本全部折れたら、どないしよう~

502-7

もう悪魔のささやきは聞こえません!

せっかくパワーユニットのOHが終わったあとに

作業しようとかぶせた封印を、再度解きます。

もしタイムマシンがあったら、過去に戻って

パワートリム&チルトのメーカーさんに

「ステンレスは使ったらアカン」

と助言しに行くんですが・・・

現在のは、ずっと前からすでに使ってないんで

未来の誰か教えに行かはったのかな?

(いえいえ、企業の努力の賜物でしょう)

明日はT店長がBF90DK4を持ってきます。

初回点検です。これも今から準備しておきますわ~

 

コメントを残す

*

CAPTCHA