新着情報

Mercuryシープロ10の修理は久しぶりですわ。

1K-13

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日、ご贔屓にしていただいている業者様より

「ホンダのロングティラーハンドルモデルに

タコメーターをつけるにはどうしたらいい?」

と、質問をいただきました。

配線図を見ると、ティラーハンドルを経由して付けるように

なっています???

わからないので、Y博士に電話して聞くと、

「ロングティラーハンドルの下のカバーを開けてごらん」

と言われて・・・・丁度いいのがあるし・・・

1L-1

ああ、ここにある!

ホンダロングティラーハンドルオーナー様、

タコメーターつけるのは簡単ですわ。

ここから3芯の線を引けばいいだけです。

勉強不足でしたHONDA船外機。

まだまだ知らないことがあります。

その他、BF20Dとか、他社のモデルとか、

業者さんの電話がたくさんある日です。

ありがとうございます。

さて、現在入院中のMercury SeaPro10です。

1K-13

一時期はこのSeaPro10とかばかり修理していたことが

あります。

この年式なので、当然、インチ工具を多用することになります。

1L-2

ナットとかなくすと、ミリネジで代用とかできないので、

足元に落としたりしたら必死で探すことになります。

オーナーさまより、「長期間、保管地に置きっぱなしになって、

エンジンが掛からなくなり、どなたかに修理を依頼したが

直らず、自分でも駄目だった」とのことです。

「キャブの上からガソリンが漏れる」・・・

オーバーフローしている様子です。

エンジンが掛からないので、いきなりキャブをバラシます。

1L-3

う~ん、掃除をしたと言われていたのですが・・・

汚れが取れていません。

「ああああああああああああああああああああッ~!!」

フロートバルブがありません!

1L-4

まいりました・・・・そりゃガソリンがドクドク漏れるはずです。

お客様に電話すると「〇〇さんが・・(怒)」

怒っていました。

困りました、部品を注文する前にエンジンを掛けて、他の部分も

確認したいのですが・・・

いろいろ、魔法の箱の中を探します。

1L4-1

これは、太すぎました。

1L-5

なんと、ホンダ船外機のと直径が同じでした。

これをそのまま使うわけには行きませんが、

試運転だけならなんとか・・・

1L-6

いやいや、そうは問屋が卸さないようです。

おかしいと思ったら、

シボリが、めいっぱい締め付けてありました。

そりゃ掛からんわの2乗ですわ。

いろいろトラップを仕掛けて、私を試すつもりか?

(冗談です)

やっと、何とかエンジンがかかりました。

「あれ?あれ?あれあれあれれ~?」

変なところから、冷却水と排気が噴出しています。

1L-7

(画像をクリックすると拡大します。下の方に

水と泡があるのが見えますか?)

排気管廻りを冷やすウォータージャケットのガスケットが

抜けている様です。

1L-8

サーモスタットはテストしたら、ちゃんと作動していました。

1L-9

検水口の方へ行く穴は泥で詰まっていました。

「水出てなかったのでは?」と電話したときついでに

お聞きしましたが、エンジンが掛からなかったので

気が付かなかったとのこと。

そりゃそうだ。(納得)

1L-10

ガスケットの下の方が抜けています。

1L-11

ピストンが見えています。

見える範囲は大丈夫そうですね。

たかが水漏れと思われがちですが、カウルの中の

ゴミやホコリ、水などはエアと一緒にキャブに

吸い込まれるので、放置できないんです。

大部分の部品は㈱キサカさんに注文し、

その他の部品はO兄貴が送ってくれるとのことなので

近く届くと思います。

明日~11/3まで、出張修理などが重なって

留守になります。

エンジンや工具資材の積み替えに来るだけです。

ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA