新着情報

HONDA  BF225AK3の点検とYAMAHA F60Cのギヤケースの修理です。

225

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今日も大阪は、去り行く夏に反抗しているかのように

「暑い」です。

うれし~!

このまま11月まで反抗してくれへんかな~。

先週、αステーションの「しもぐち☆雅充」で

ミスチルの「君がいた夏」♪がかかって

「まだかけるの早いで~」と独り言を言ってたら

今日もFM大阪でかかってしまい、

さびしくなってテンションの日々下がるワタクシです。

さて先日は業者様の依頼で225AK3の点検整備へ

225

朝から程よく暑くて、うれしいです。

なにやらお盆休み直前にアラートが発令、警告音がなったので

慎重なお客様は不安なので、診てほしいと・・・

パソコン診断すると、オーバーヒート警告が2回鳴ってました。

たぶんこれかな?

(お盆休みにも2回ほど乗って、そのときは異常無かったとか)

進水後半年になるので、油脂消耗品の交換も依頼を

受けました。

225オイル

エンジンオイルはゲージより上まで入っていたので

今回は7リットル入れました。

出し切れない残油もありますし。

満タンで7.6リットルなので、92%です。

入れ過ぎるとブローバイガスとともにエンジンオイルが

出て、吸気系の汚れを加速させ、アイドル不調を促進しかねません。

ちなみにBF225A系の最下限のオイル量は3.4リットルです。

ボートは姿勢が大きく動くのでこの量では不安ですが、

3.4ℓ~7.6ℓまでの間が、安全のマージンということですか。

225ギヤ

ギヤオイルも初回の交換の為、早めに抜きます。

新品から何年も交換しない恐ろしい方がたまに居られます。

買うときは、販売店から説明聞いていると思うのですが・・・

225パッキン

初回だからか、鉄粉が少々付いていました。

当然、パッキンも新品に交換します。

一個¥50円です。

(各メーカーと比較したら、かなり安いほうだと思います)

毎回自分で交換する方は、10個ぐらいストックしておきましょう。

225ギヤ1

BF225AのA2~A6の古いほうのギヤケースも、

AK1~AK3の新しいほうのギヤケースも、

ギヤオイルの量は同じ1.17リットルです。

暑いので早く入ります。

午前中はこれで終わって業者さんにお礼を言って別れ、

午後は違うマリーナへ向かいます。

F60Cのクラッチの不調です。

点検しましたが、現地でできる内容では無いと判断し、

ギヤケースだけはずして持ち帰ります。

60-1

ニュートラル位置でも、プロペラシャフトを回すと

「コツコツコツコツコツコツッ」と音がなります。

手術に入ります。

まず、ギヤオイルを抜くと

「ああああ~あぁ~」

真っ黒なギヤオイルが出てきました。

「3年ぐらい替えてへんのとちゃうの~」

思わず、誰にも聞いてもらえない愚痴を叫びます。

海での仕様なので、それなりに、でも、以前の2スト

60FETOや50HETOなどよりは楽に分解できました。

進化しているんですね。

60-2

「ああ、やっぱり・・・」

60-3

結構磨耗しています。

60-4

ここは、もうすぐくっ付いてしまったりして・・・

60-5

これは、エグレております。

ここまでひどいのを見たのは、始めてかも・・・

確かに、使用頻度の多いオーナーさんですが、

多いほど、頻繁にギヤオイルも交換しないといけません。

結局、高くついてしまいました・・・

60-6

おつりをもらって、こっちも・・・・

ヤマハ船外機も、ちゃんとメンテナンスをしないと、

これはオーナーが自分で壊しているようなものかも

知れませんね。

「ギヤオイルを取説記載の時間で交換する」

それだけで、かなり防げたでしょう・・・・・

60-7

バーチカルシャフトシールが当たる分に違う金属?の

部品が付いています。

マーキュリーでも見かける、いい方法ですね。

パテントが切れているなら、他社さんもパクって下さい。

部品を注文しました。

明日着くかな?

月曜はお昼にSさんが来るので、

火曜日には取り付けにいけるかな?

早くしないとお客さんの夏に間に合わなくなるかも

知れないのですわ~

コメントを残す

*

CAPTCHA