新着情報

HONDA BF9.9D1の続きとBF9.9AYの修理とBF50Aの再販前整備です。

03-9

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今日は蒸し暑いですね。

ご連絡が付かなくて困っていたお客様が

本日、BF2D4君を引き取りにきていただきました。

どうも、私が電話の掛け間違いをしていたのかも知れません。

申し訳御座いませんでした。

さて、長期にお預かりさせていただいていまして、細かく

チェックしています、BF9.9D1君ですが、

4-6

各部点検が終わり、もう、残っているのは最初に

疑っていたが、症状が1回だけ出たあと出なくなった

IGNコイルでは?ということで、念入りに試運転していると、

「出た、出た、出た」

03-1

やっと症状が出て、IGNコイルが原因であるという

動画の撮影に成功しました。

お客様は艇へのセットが大変な環境の方なので、

なんども持ってきていただくのを避けたいのですが

お時間いただいてじっくりやった甲斐がありました。

お次はBF9.9A君です。

03-2

こちらは、係留艇の補機ですが、毎年点検されるので、

20年ぐらいたっても「絶好調」です。

(あまりに長持ちするので、新品が買ってもらえません・・・)

お客様、検水口から水が出なくなったとのことで、

一ヶ月前にみたときは「ジャー」と勢い良く出ていたのですが、

03-4

あ・・・・・・、ちくわではありません。

羽根のなくなったインペラーです。

03-5

ポンプケースも・・・南無阿弥陀仏~チ~ン♪

03-6

プレート下に、ほとんどの破片があって・・・

03-7

スクリーンの中までも、落ちて来ていました。

オーナーに伝えると、壊した自覚が無かったようで

少しご不満のようでしたが、仕方ありません。

03-8

たぶん補機でスパンカー使った釣りをしていて、

海藻など引っかかってしまったと推測します。

お次は正式に下取りが決まったBF50A君の再販前の整備です。

03-9

バラバラにして、できる限りチェックします。

そりゃ、そのまま売ったほうが楽ですが、

テキトーに売ってクレームになったら、

「えらいこっちゃ~」社長に怒られますえわ。

(しかし中古は所詮中古、これだけやってもつぶれる

こともあります。)

03-10

キャブレターの最終OHです。

アノードは新しかったので、きれいに磨いてOKでした。

03-11

査定チェック時に見つけたサーモスタットの死亡ですが、

このまま再販したら、燃費が悪化したり、エンジンオイルが

増えたり乳化したり、最悪の場合エンジンが壊れる場合も

あるので、交換します。

サーモスタット壊れたままのヤツ、オークションで落札、

そのまま使う・・・・

何度も見た事あります(悲)

とか何とかしていたら、常連の業者さんから

問いあわせの電話があって、

BF50A君、予約になりました。

アリガトウゴザイマス!!

17年を過ぎても、周辺機器の整備で再販できる

HONDA船外機、

クランクシャフト、シリンダー、パワーユニットの耐久性は

とくに折り紙つき、最強です。

そういえば先日、バスボートにBF250Aをセットしているお客さんと

話をしましたが、他メーカー250HPの船外機の所有者達と比べて、

かなり自分のだけはお財布にやさしいと喜んで居られました。

A社やB社の方たちはお財布に厳しいようです。

HONDA船外機を触っていると「たぶんクルマや

バイクのエンジンもも耐久性抜群なんだろうな」と

勝手に推測しております。

来週は悪天候や雨で延期になったBF225AK3や

BF225A6の整備と、新しくBF150AK2の定期点検の出張修理が

入りました。

早起きする日が多くなりそうです。

頑張りま~す。

コメントを残す

*

CAPTCHA