新着情報

船外機は使用後に清水洗浄しないと、塩でつまります。

015-4

皆様ご機嫌はいかがですか?

好評のBF2D用プロペラですが、緊急入荷しました。

25-11

緊急で用意したので、運賃がすごく掛かって・・・・・・(泣)

しばらく、大丈夫です。

さて、オーバーヒートするとのことで入院中の

BF15AYの修理の続きです。

015-1

お客様に、「ヘッドばらして中の確認しますか?」

「是非してください」

(賢明なご判断に感謝します。ほっ・・・!)

で、こってりバラバラの続きです。

まずはインテークマニホールドを・・・

015-2

とろとろに溶けたアノードと、その周りに塩がいっぱい詰まって、

冷却水通路を狭くしています。

これでは、オーバーヒートしても当然です。

さあ、本命のシリンダーヘッドをはずしていきます。

015-3

外れました。

「ああっ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

自然に、力のない、言葉にならない言葉が漏れます」

015-4

冷却水の流れる通路の半分以上が、塩です。

まったく真水で洗わなかったようですね・・・

クールダウンもしなかったのでしょう。

残念無念でございます。

船外機を使用後は、陸置、係留にかかわらず真水で内部を

洗浄してください。

どうしても無理な場合は、帰港後、しばらくエンジンを掛けたままにして、

エンジンをクールダウンしてください。(10分ぐらい)

クールダウンは真水洗浄にはかないませんが、

やる価値は十分にあります。

心の中で泣きながら、じっくりセメントのように硬化した

塩を砕き、掻き出します。

015-5

ああ、すごく時間が掛かります。

なぜ塩はこんなに硬くなるのでしょうか?

シリンダーヘッドやインテークマニホールドの細かな通路は

針金を使って、内部まで耳かき掃除します。

015-6

高圧エアで「ブシュ~」とすると、塩が中から

アースジェットのように「ブワアァアシュゥ~」と飛び出します。

このような細かい穴も重要です。

015-7

排気管を冷やすため、ほんの少し冷却水を下方向に

噴射して、高温の排気とミキシングし、

冷やす穴(だと思います)です。

詰まっていると、熱い排気がそのまま出て・・・・

下にはウォーターポンプとかありますので、

あまり、よろしくないでしょう。

さて、大体見えてきましたので、部品を注文します。

現在は、これと平行して作業です。

015-8

LRTNですから、何につけているのか、想像付くかな?

お客様の許可が出たら、作業風景アップします。

出なかったら、今後お蔵入りです。

あまり、期待しないでくださ~い。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA