新着情報

ハミンバードGPS魚群探知機を、海で使う!

H-6

皆さま、ご機嫌はいかがでしょうか?

暑い、暑い、溶けそうです。

作業中は強力扇風機でしのいでいますが、

本日は温風扇風機です。

さて、バスフィシングでは当たり前ですが、

まだ海では先進的な一部のお客様しか使われない

USAのハミンバードGPS魚群探知機ですが、

海で使うと、すごく使えるのです!、

たとえば、キス釣りですが・・・・

H-4

海底が砂浜のところへ行ったら、「サイドイメージ」画面で

広範囲にポイントを探します。

起伏や岩、海藻などの変化です。

見つけたらマーキングして、その真上に向かいます。

錨を下ろしたら・・・・

このサイドイメージですが、水深にもよりますが横方向に最大

120mまで映りますので、何度も行ったり来たりして

ポイントを探さなくてすみます。

お次はダウンイメージと2D画面の併用です。

H-5

40m(機種により100m)までの水深では、真下方向のダウンイメージと

通常の2D画面を見比べて、より鮮明な海底の状況や

根に付いた魚を探索します。

よく釣れたポントは挿入したSDカードに画面を記録できるので、

データーの収集も簡単に出来ます。

さて、深場のジギングも活躍します。

H-7

いつも御世話になっていますボートオーナーNさまに乗せていただき、

ジギングとかご一緒させていただいたりしたとき、

70~80mラインでも、くっきりと映して活躍してくれます。

特にベイトボールが映ったあの時は・・・圧巻でしたよ。

今後、釣行のときに面白い画像が録画できたら、

またここでアップさせていただきます。

そしてそして、本年度からの・・・・海図が出来ました。

たとえば、関西で有名な友が島・・・

H-1

魚礁のことFISH HAVENて言うのですか?

勉強になりました。

まさに「お魚天国」の位置もたくさん載っています。

(でも漁業従事者の方の操業の邪魔をしないようにご注意ください)

明石海峡付近・・・

H-2

福井県小浜湾・・・

H-3

(もっと拡大できますが、どこかわからなくなるので控えめに・・・)

今まで海図が無いのが唯一の欠点でしたが、

これで、日本中どこでも活躍出来るようになりました。

出来たら、オプションの「AS GPS HS ヘディングセンサー」を

一緒に買って取り付けましょう。

これで、もっと楽しく釣りが出来ます。

もっと詳しく知りたい方は↓

http://www.okada-corp.com/products/?category_name=humminbird

さて、今度の海の日は、どこに釣りに行こうかな・・・

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA