新着情報

HONDA BF115DK1とよく乗る人はイリジウムにしましょう。

115-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

えっ、朝から意気消沈したって・・・・W杯本当に残念でした。

ちょうど試合が終わったとき、クルマを運転していましたが、

対向車の方の表情の多くが曇っていたのが、

印象的でした。

さて、本日は朝早くから、マリーナ様のご依頼で

BF115AK1の調子が悪いとのことで点検に・・・

115-1

桟橋に舫ってあるとのことで、エンジンを掛けようと

近づくと・・・・・もうエンジンは掛かっていました。

「ああっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

W杯に続いて、ワタクシ、本日2回目の意気消・・・・

「ぜんぜん調子が良さそうではないか・・・・」

パソコン診断機「Dr-H」を接続しますが、

どこも悪くないので、何も出ません。

「振動が多い」と聞いて、半日のつもりで行ったのですが、

調子が良いので、仕事がありません・・・

「ああっ、これでは赤字だ・・・・・・・」

横で見ていたハーバーマスターが私の気持ちを

察してか「Hさん、スパークプラグを交換して」と

お仕事?をいただけました。

ありがとうございます。

115-2

現在、このエンジンは340時間ほど稼動していました。

このBF115DK1、お客様の負担を減らす目的とかで、

ノーマルプラグ(ニッケルプラグ、白金やイリジウムではない)

がセットされています。

115-3

BF150A4やBF135A4の時代は、イリジウムプラグが標準でした。

でもBF150AK2やBF135AK2にもニッケルプラグが選択可となりました。

ニッケルプラグは¥700-(税別)です。

交換の目安は6ヶ月毎、または100時間運転毎の早い方が望ましいです。

イリジウムプラグは¥2,000-(税別)です。

交換の目安は、2年毎または400時間毎のどちらか早いほうが望ましいです。

115-4

このエンジンには、ノーマルのニッケルプラグが付いていました。

最近の4ストロークEFI船外機は、燃費をよくするため、

高圧縮で、しかもリーンバーン制御で薄い燃料で燃焼させるためか

スパークプラグには大変な負担が掛かっています。

交換するとき、真っ白に焼けているケースもあります。

115-5

左がニッケルプラグ、右がイリジウムプラグです。

イリジウム合金の方が耐久性があるので、

先端を細く出来て火花もGOODで、

ニッケルより長い期間安定して使用できます。

BF115DやBF135A、BF150Aのオーナーの皆さま

年間の使用回数が多い方は、イリジウムプラグのご使用を

お勧めします。

さて、振動が多い?という話ですが、

オーナー様はボートを最近乗り換えられて、

今回見せていただいた、船体に発泡ウレタンを充填した、

各部厚みのある頑丈な船体のボートだったので、

前の艇とは振動の伝わり方が変化して、気にされたのかな?と

推測しました。

あくまで私見ですが・・・

さて今回、ハーバーマスターの判断でプラグがイリジウムに替った

BF115DK1、あと2年、または400時間はそのまま使えると推測します。

私は急いで帰ってきたので、今から工場で他の修理の続きをしま~す。

(出ないと今日の仕事が、さびしすぎま~す)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA