新着情報

NV150Aの消耗品交換はオーナーの運の良さに感謝です。

NV漏れ4

皆様、ご機嫌はいかがですか?

P-8

先日ご紹介のBF2D用のプロペラの問い合わせやご注文を

いただいた皆様、有難うございます。

現在、まだ在庫はありますが、思ったより好評なので、

追加しようかと検討中です。

さて、先週、前に下見に行ったNV150Aの

消耗品交換に行ってきました。

1-2

7年ほど点検しなかったので、ギヤケースのボルトが緩まなくなったやつです。

マリーナに着くと、ハーバーマスターが

「Hさん、急で悪いけどSRV-20のインペラーも交換して」

と、言われました。

仕事をもらうのはうれしいですが、NV150Aと同じように、

ギヤケースのボルトが緩まないとか・・・・

「いや、この年式のYAMAHAは緩むはずだ・・・・」

70B-2

長~い工具を使ったら、緩みました。

これも6~7年ぐらいほったらかしだったそうですが、

私は、70BETOは、陸置きなら緩むイメージです。

70B-3

ポンプのボルトも、硬くて・・・・

でも、外れてよかったです。

さて、NV150Aの消耗品を交換していきます。

ギヤーオイル、アノード(ステンペラだからか、陸置でも減っています)

スパークプラグ・・・

燃料フィルターを交換したので、プライミングしてガソリンの漏れを見ますと・・・

関係ない、ホースの接合部から漏れています。

「最悪~」

NV漏れ1

ホースは切れたりしておらず、

ホースクランプが締める力が無いような感じです。

何度やっても漏れるのですが、さすがにここは、

見なかったことにする気持ちは微塵も起こりません。

「ガソリンを軽く見ると、ヤバイよ~」

ホースクランプを交換します。

NV漏れ2

ちょうど、このサイズのホースバンドが部品箱に

ありました。

「これでもう大丈夫だろう・・モミモミ・・・あれっ!」

前のほうから、ガソリンが流れてきます。

NV漏れ3

細い方のホースの接合部から、「ツタ~っ」と漏れております。

船外機は回転中は、カウル内は高温になりますから、ガソリンが洩れていると

気化したガソリンが充満して、危険です。

ここも、違うバンドで漏れを止めました。

NV漏れ4

このホースクランプが、締め付ける力を失っている?

そんな感じでした。

普段の修理はホンダ船外機がほとんどなので、

こういうパターンはイメージが無くて、

少しびっくりしました。

ひとつ間違うと、見落としていたかも・・・

よく、私の目に留まったものだと、お客様の

日ごろの行いと運の良さにに感謝でございます。

NV漏れ5

その他の部分も含めて、これだけ交換いたしました。

3箇所でガソリンがにじんで漏れていました。

みなさま、10年を超えた船外機をお持ちのオーナー様は、

ガソリンの漏れ、にじみもチェックしましょう。

私も今後、こういったケースもあるんだと、

チェックをしていこうと思っています。

オーナーの運の良さに、乾杯!の点検でした。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA