未分類

ほかにも悪いところも無いか診てくださいは無限地獄か?

003-4

皆様、ご機嫌はいかがですか?

強烈に蒸し暑いですね。

月初になり、6月の伝票整理にいそしむワタクシですが・・・

003-0

「1ヶ月でこんなにトーハツさんから部品を買っていたのか?」と

自分でもびっくりしました。

レスパーツを除く整備、修理部品では

ホンダ/ヤマハ/マーキュリー部品よりも

6月はたくさんを注文したようです。

パイロット店のホームページに載せていただいてから

多くのお客様に来店していただくようになりました。

ありがとうございます。

さて、何台か修理が上がり、お客様に電話をして

少し、気が楽になりつつあります。

その終了したMercury  SeaPro15ですが、

003-1

ラインをたくさん巻いていました。(PE)

修理でお預かりするとき、多くのオーナー様が

「ここが悪いんですわ」という症状とともに

「ほかも悪いところがないか診といてほしい」

と言われます。

この「ほかの・・」は、実は、ちょっとサービスマン泣かせの

言葉になる場合があります。

船外機に「どこかほかに痛いとことは無いの?」と聞いても

「おっさんココ診ろ」とは答えてくれません。

透視能力がないので、バビル2世(古っ)のように

中身が透けて見えません。

で、各種計測機器で測ったりしますが、最後は分解して

「目で確認し、測って確認」となります。

上記のプロペラもはずしたら、巻いていました。

他にも精査すると、

一旦チルトアップすると、チルトロックが効いたままになり

降ろせません!

SeaProは前の会社のとき、何台も売ったことが有り、

そのとき㈱キサカさんにサービス講習にも行ったことがあったので、

チルトの動きのイメージは覚えていました。

エンジンを寝かせ、何度も動かします。

国産機とは全く違う、面白い機構です。

「わかった!」

003-2

Eリングの脱落が原因のようです。

これ考えた人、天才ですね。

分解して整備して、直しておきましたよ。

オーナー様、チルトの不具合、気づいていたのかな?

他のTOHATSU MFS6BS/CSのオーナー様達も

「ほかの・・・」を言われていました。

003-4

MFA6BSのメインのご依頼は「インペラー点検」です。

「ほかの・・」の一言で、インペラー以外のすべての

機構に不具合が無いか、確認となります。

タペットカバーをはずしてバルブクリアランスを測ったり・・

一応、試運転で外部より温度は測っていますが

サーモスタットもカバーをはずして視認・・・

003-5

問題は無かったのでサーモスタットはそのまま行きますが

パッキンは紙製なので、交換となります。

サーモスタットをはずしたついでに内部を覗き込み

塩が詰まっていないか確認したり・・・

少し、エンジンの掛かりが悪い場合はキャブレターも

分解しますし、燃料ポンプやフィルターにゴミが

詰まっていないかも確認します。

スパークプラグは、ほんの少しでも怪しい場合は交換し、

プラグキャップのはまり具合、IGNコイルなんかもそうです。

スパークの火花をテスターで診る場合もあります。

もう「ほかの・・」は、無限のように診るところが

ある地獄の言葉に聞こえたりします。

でも私も、もう走っているのを見ることが少なくなった

クルマに乗っているので、

クルマ屋さんに

「全部診て、悪いところがあったら電話ください」とか

地獄の言葉を言っていますわ。

そろそろタイミングベルトは2回目の交換になりそうで、

ラジエターも交換し、後輪のディスクキャリパーは

両方交換して・・・マフラーも新品になったし・・・

クルマ屋さん、もう少し乗るつもりなので、

がんばって「ほかの・・」診てくださいね。

えっ、今までの修代合わせると、新車が買えるって?

う~ん、知っていますが、

あなたがいつも、きっちり直してくれるので、

まだまだ乗れる無限の地獄なんですよーーーーーーーーーー(泣)

コメントを残す

*

CAPTCHA