未分類

BF90DK0と八咫烏

DSCF1985

皆様、ご機嫌は如何でしょうか。

誕生日にもらった「八咫烏(やたがらす)」に手を付けてしまいました。

また、どうせすぐに空になってしまうのでしょう(泣)

DSCF1968

あの、サッカー日本代表のエンブレムマークにもなっている

三本足のカラスの名前の付いたお酒だけあって

「非常に旨い」。

できるだけチビチビ飲みます、です。

現在、BF90DK0のスターターモーターをOHしています。

先日の台風で水没したボートに付いていました。

(ボートはすぐに引き揚げされたようです)

DSCF1985

マグネットスイッチはアウトでした。

これだけ交換します。

DSCF1986

Honda船外機に使われているスタータモーターは

防水性の高い、高級な三菱製を使っているケースが多いので、

水没してもモーターの中に水が入っているケースはほとんどないのですが、

マグネットスイッチだけは構造上、水が入って

しまうんですね。

今回は中古のスターターモーターを取り付けて

安く早く修理を完了させたのですが、

お客様が、外したスターターモーターを予備で持っておきたいとの希望なので

リビルドしてからお返しする予定です。

(必要かな?)

このBF90DK0ですが、少し前からご依頼の連絡を

頂いていたのですが、やっと訪問できたのでした。

DSCF1964

オーナー様はご自身で水没復帰作業をされていたのですが、

はじめは動いていたスターターモーターが動かなくなって

オーナー様「ギブアップ」でSOS。

行くからには最終、完全に掛かるまで帰れないので

中古モーターを使ってなんとか修理を進めて・・・

DSCF1965

一旦バラバラになったこの辺、やっと組み立てが

出来ました。

「燃料タンクは掃除しました」とのことだったので

なんとかエンジンを掛けようとしますが、

全然かかりません。

DSCF1967

フューエルライン内にも水が入っていました。

時間をかけて全部のラインを掃除したら掛かるようになりました。

1日たっぷり掛かってなんとか終了。

ホッとします。

なお今回の水没復帰作業ですが、オーナー様のご希望で

全部バラバラ完全水分除去にせず、

エンジンオイルで5回ぐらい「うがい」するパターンでした。

数年後に「後腐れ」が出てクランクシャフトがドカンするかは

賭けでございます。

良い子の皆さんは、水没させないようにお願いします。

で、あまりに修理が上手くいって、心が高揚して、

「八咫烏」に手を伸ばしまった次第でございます。

どうも修行が足りません。

しかも酒量は足りています。

しかし頭は足りていません。

やっぱ人生、足りないものばかりです・・・

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA