未分類

いろんな「知人」と、「相当に難儀なエンジン」ですよ

DSCF1523

皆さん、ご機嫌はいかがですか?

関東に居る「知人」が送ってくれました。

DSCF1515

アルコールなら何でもOKのワタクシですが、

スコッチは普段、あまり飲みません。

(高いからですが・・・)

近いのは、ショットバーに行ったときなんかに、

「イキって」バーボン(ターキー8)を

頼んだりするぐらい?

有難う、Oさん、退院おめでとうございます。

さて、恒例の・・・

DSCF1516

が、やってきまして、ピット内は「盆と正月」状態です。

そして船外機は、

DSCF1517

現在、船外機の作業台が全部、埋まっております。

そんな中、ヤマハさんの中型船外機が入院しました。

「ヤマハの船外機なら、ヤマハの販売店に行ったら」と

お薦めしたのですが、

「全部悪いと言われるのが、怖い」とのことで・・・

「知人」から「お前が使え」と渡されて、2年未使用だったとか?

さて、持った来られましたが・・・

確かに、「全部悪い」と私も言いたい。

ヤマハの船外機なのに、こんなところが早速塩噛み。

DSCF1518

 

よっぽど普段の整備をしていなかった「知人」のようです。

DSCF1521

ここのボルトがこうですから・・・

ポンプのボルトも、強烈な塩噛み。

で、インペラーは顧客様の想像を超える・・・

DSCF1523

これは珍しい・・・

電話で説明するとき、

「パンクしたタイヤで走り続けたので、ホイールが壊れて

さらにステアリング装置も壊れたような状態です」と言ったら

納得されていました。

すごいぜ、「知人」さん・・・

DSCF1525

ポンプ本体も空回しで溶けてしまって、NG

インペラーの破片は、ほとんど内部に飲み込まれて

しまったようです。

ポンプ下のウォーターシールが怪しいので

ギヤオイルを確認したら、タールのように粘っていて

汚れも最強で、ギヤオイル量も少なそうです。

きちんと修理するなら、ギヤケース完全分解の後、

部品全部洗浄してから組み直しですが・・

吸い込まれた破片を探そうと、サーモスタットを外そうとしたら

DSCF1526

ここも塩噛みです。

なんとか1本は折れずに外せました。

さて、作業を続けていくと、この後どれくらい

不具合を見つけていくのか・・・

お客様、これは「相当に難儀なエンジン」ですよ!

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA