未分類

「兆候」を探っていきます・・・

DSCF1232

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

2020年の想像もしなかったGWが過ぎていきました。

恒例の釣行もできず、友人知人とも会えず・・・

しかし、業者様、ユーザー様のおかげで、

GWまでは寝る時間も削って必死で仕事をさせていただいたので

私はまだ、生きております。

皆様に感謝申し上げます。

昨日、修理でご来店いただきました21ftヨット乗りのセーラーさんが

「修理せずにこれ、買います!」と

DSCF1247_LI (3)

私のかわいい~かわいい展示していた中古Honda BF5A4嬢を

買っていかれました。

ああ、お嫁に行くんだね。幸せになってね(涙)

お次はオイルドレンボルトのネジ山を誤って

つぶしたというBF2DHカーニバルイエロー君。

DSCF1246

締めすぎ注意です。

毎回Oリングをきっちり交換するなら、

ギンギンに締めなくても漏れません。

こんな時期でも新品の船外機のご購入をいただきました。

DSCF1245

有難いお話です。感謝感謝です。

DSCF1244

業者様です。サービスでセットアップもしましたよ。

先日、中古艇を買っていただいたお客様に

バウパルピットのご用命を賜りました。

純正品は高さがご希望に合わず、採寸、設計して

特注で先輩に作ってもらいました。

(そして純正は販売終了だった)

DSCF1243

但し、またあの狭いバウアンカーロッカーの中に

入らないといけないと思うと緊張が走ります。

(私、MRIでも発狂しそうになる閉所恐怖症なのです、

前回のクリート増設やiPilot取付の時も入った直後に

気がおかしくなってすぐに出そうになって・・・・)

でも、せっかくこんな時期にいただいたお仕事ですから

頑張って入ります(泣)

数日前は9.9Fさんが来店。

でも、何を調整しても、加齢には勝てません。

経年劣化とも言いますか、摩耗・・・

DSCF1241

アクセルオフで、煙幕かと思うぐらいに

白煙を吐きます。

お客様には申し訳なかったのですが、

あちこち分解し調整や点検しましたが

ほとんど来たときのままのお返しとなりました。

並行して、GW後半に常連様のBF150A4のオーバーヒートの修理で出張です。

微妙に数度なのですが、冷却水の温度が高くなっております。

それがちょっとしたことで熱がこもって、一瞬だけ「ピー」するようです。

11年選手です、このBF150A4嬢。

このオーナ様は毎年、定期点検のご依頼をいただいてきました、

11年目にして初めての故障らしき故障です。

パソコン診断機「Dr-H」で温度の変化データーをモニター/記録しながら

オーバーヒートになる「兆候」を探っていきます。

DSCF1232

マリーナに戻ってサーモスタットなど点検するも

大きな変化はありません。

少し、迷宮入り?かと、2日ほど夢でうなされましたが

GW明けに本田技研のHさんに記録してきたデーターを送って

アドバイスをいただき、「そうか、その手があった」で

現在の私は次回で直せるつもりでいます。

オーナー様がせっかく心配して夜にわざわざお電話をしてきていただき、

たぶん私が夢でうなされているのを察知されたのでしょう、

「もし修理が無理ならそろそろ載せ替えも・・・」と言われたのに

反射的に「私は直せると思っています!」と大声で言ってしまったワタシ。

バカは死ぬまで治りません。

滑った口の恥の上塗りにならないように

次回はしっかりと直したいと思います。

待ってろ、BF150A4。

自分で嫁にやった船外機は簡単にあきらめが付きません。

摩耗・・・加齢の兆候が出るまでは、

頑張ってもらいます。

Hondaですから、もうちょい行けるでしょう。

真剣です~

 

コメントを残す

*

CAPTCHA