未分類

最初に現地ありき

0-4

皆様ご機嫌はいかがでしょうか?

昨日は日曜、定休日でしたが、お仕事をしていました。

私は、イベントとボートの商談の時は休日返上もOKと決めていまして、

お客様に中古のボートの現地見学をしていただきました。

数日前より「買います」とは言われていたのですが、

やはり現地で実物を見て、納得いただいてからでないと・・・

正式にOKが出て、お客様がお帰りになった後、

せっか遠方の現地まで来ているので、

ご契約のボートに付いているエンジン(Yamaha F115)の整備を

いたしました。

0-1

事前に「調子は良い」と聞いています。

エンジンオイルを交換します。

0-2

エンジンオイルのドレンワッシャも新品に交換しました。

ギヤオイルも交換し、水入りや白濁が無いことを確認(安心)。

スイベルシャフトにウェアーグリスを注入すると、

思っていた以上に入りました。

0-3

やっぱり自分で点検確認しないと納得できないです、私は・・・

チルティングパイプに注油しようと思ったらグリスニップルが、

正面にしかなかったので、「油圧操舵シリンダー外すか」と

思いながら、「脇」を見てみると、

0-4

Yamahaさん、こんな「脇」にもグリスニップルを

取付されていました。

考えた設計の人、気が利いて賢い人なのでしょうね。

もしくは現地(現場)のことがわかる人?

「最初に現地に有りき、現場は神であった」

楽々グリスアップができて助かりました。

そのあと、ブラケット下のアノードを外そうとしたら、

6mmボルト4本が塩噛みで固着(汗)

(アセって、この後は撮影わすれて・・・)

トーチで焙ろうと思っても、すぐ近くが船体で十分できず、

叩いたり、回して戻して・・助かったのは1本だけ(泣)

途中まで緩んだ後、もう一息で3本が折れました・・・

なぜ、ボルトに塩害対策のグリスが無いのか?

船底塗ってなかったので、陸上保管だったから

1度もアノードの交換しなかったんでしょう。

折れた敗北感を胸に刻んで家に帰りました・・・

次回はボルト外しから作業になります。

並行して、BF150A4とBF90DK5とBF135AK2の出張の

現地整備のご依頼もいただいております。

岡田商事さんのピットンキャンペーンも終盤に差し掛かり

ULTREXもHELIXも好調です。

あっと明日もBF2Dの入院が1台やってくる予定ですね。

たぶんこのまま、いつものようにバタバタしたまま、

GWに突入することになるのでしょう。

そうそう、大阪湾ではハマチが大量に釣れていると聞きました。

GWまで待っていてねハマチ君。

釣りに(現地へ)行きた~い~、で~す。

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA