未分類

いつもより多めに分解しました。

20-8

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

雪も凍結も無いので、スタッドレスタイヤから

ノーマル(エコ)タイヤに戻そうか真剣に悩んでいる私です。

だって、横滑りするのでコーナーでゆっくり走っていると

あおられるんです・・・

さて、一昨日は出張でBF150A4の定期点検に行ってきました。

昨年3月にもご依頼いただいたご夫婦です。

第二京阪道が出来てから阪神高速の朝の渋滞が醜いので

5:00に起きて出発します。

20-1

「♪朝焼けの光の中に、立つ影は~」

続きが歌える人は、ワタクシと同世代)かもです)。

(ちなみにY博士は、歌えます。)

で、目的地の直前のSAで時間をつぶすのが

最近のやり方です。

お約束の時間より少し早めに現地に着いたら

ご夫婦はすでに、船艇塗装をされていました。

消耗品交換から開始します。

まずはギヤオイルの交換・・・

20-2

今回は「地べた」がメッシュの金網になっていて

小さなものを落とすと、その下の海へ・・なので

部品を外すときに大変緊張します。

何度か、手が滑って工具を落とすたびに

(何とかアミに引っかかってセーフでしたが)

「ひゃー」とか「アブなぁ~」とか叫んでいたので

たぶんオーナー様「こいつ、大丈夫か?」と心配されていたことでしょう。

アノードを交換するとき、接触している部分の掃除が

大変重要です。

汚れ、塩分、場合によっては元からの塗装もはがして

「地」に直接アノードが触れるようにするのが私流です。

(たぶん、プロの方は皆さん、そうだと思いますが・・・)

20-3

前回のカルテを見たら、低圧側の燃料フィルターの交換を

していなかったので、今回は交換します。

ほんのり汚れていました。

20-4

インペラーを交換します。

ここは昨年も交換しましたが、オーナー様のご希望なので

きっちり整備します。

20-5

ベースプレートも外して、ゴミやその他点検します。

「あれっ」

20-6

シールのホルダーに電気腐食を見つけました。

オイルシールはずっと下に入っていて、この部分は

欠けてもいても影響はないのですが、今後

大きく電気腐食が進む場合は早めに交換した方がベストです。

数千円で交換できる部品なので、来年ご提案することにします。

150の初期型で時間的に少し心配なのと、昨年オーバーヒートを

したことがある(PC診断で過去に6回)ということので

念のためいつもより多めに分解して、ウォーターパイプ(チューブ)の

上側の根元の点検を行いました。

20-7

10年ぐらい経っていて、夏場になるとオーバーヒートを

するという方は、点検掃除したら効果があるかもしれません。

20-8

今回も、ゴムのブッシングの先端がほんの少し、

周りの固形化した塩に押されて「おちょぼ口」になっていました。

ヒートの決定的な原因であったかは今後の経過の観察となりますが

予防という意味では、やる価値はあるでしょう。

(陸上保管/毎回水洗のエンジンなら心配無用かも)

PTT(パワートリム&チルト)ののダストシールが

めくれ上がってきています。

作動油はまだ、漏れていません。

20-9

ここはシールが2重になっていて、上側の外部からの

ゴミや水などの侵入を防いでいるのがダストシールです。

下側のオイル漏れを防いでいるオイルシールが経年劣化や

ゴミなどで痛んで作動油が漏れてきたら、交換修理になります。

基本、シャフトも痩せている場合があるので、シャフトごと

交換交換するのがセオリーですが、安く上げるために

一度、シール交換だけしてみるという方法もあります。

但し、ここを分解できるか否かが、最大の難関です。

頭のさびてしまったボルトは、将来のために、発見次第交換です。

20-10

中古の同じサイズのボルトと交換しておきます。

中古のボルトなので、サービスです。

ステンレスのボルトは使用しません。

固着して折れたら、分解するとき地獄を見ることになります。

作業中に「忘れたらいけないので渡しておきます」と

お土産をいただいてしましました。

家に帰って美味しくいただきました。

何から何まで有難うございます。

20-11

私が作業している間、ご夫婦で船底をきれいに塗装されています。

奥様は顔に塗装ローラーのしぶきが掛かって美人が台無しです。

目にだけは入れないように、お願いします。

(何人の同業者が、過去に眼医者に走ったことか・・・)

前回より少し早めに作業完了いたしました。

有難うございました。

昨日は、エンジンが、掛かったり、掛からなくなったりの

BF15AMの部品が入荷しました。

19-10

お客様は「エンジンが全然かかりません」と持ってこられて

入院直後も火花は飛んでいなかったんですが

各部点検していると、エンジンがかかって・・・

このエンジン、20年以上前の、平成10年式です。

平成10年~15年ぐらいでしょうか、このエンジン、

クラス最速、2ストより早いと死ぬほど売れました。

(今でも兄弟の9.9馬力はクラス最速か)

で、毎年、同様の症状で修理に入ってくるように・・・

・何をしてもエンジンがかならない(火花が飛ばない)ことがある。

・少し休憩すると、掛かることもある。

・スパークプラグが黒くすすけている。

・排気が煤ける。

などの症状の時は、

20-12

CDIユニットが寿命を迎えつつあることがあります。

もう、20年もたっているのに、現時点ではメーカーに

在庫があります。

まだ、あと10年ぐらいは乗りたいと思うBF15Aオーナーは、

交換しておくことをお勧めします。

そろそろ、ボートショーとか、そんな話が聞こえてくるように

なりました。

さて、お次はBF2D4に4改造されている

BF2D6の整備にかかります。

ご友人から譲り受けて、今まで整備をしていなかったらしく・・・

BF2D4に改造されているのも聞いていなかったようです。

明日は、トレーラーごとBF20DK2が定期点検にやってくる予定です。

やりかけの、FT8DMHXのチルトの修理もあります。

(バランバランになっています。)

頑張りま~す。

 

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA