未分類

Honda BF225AK3のヘビーなメンテナンスとTohatsu MFS30Cが完成した!

15-3

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

ラジオからXmasソングが流れている今日この頃、

ぐったり全身シップだらけでがんばっている私です。

水没してばらばらになっていたTohatsu MFS30Cですが

やっと組立てできました。

試運転しようとすると、クランキング(セルで回転)しますが、

エンジンが掛かりません。

あせって、どこか組み間違えたんですね(泣)

15-1

順番に確認すると、火花は飛んでいます。

でも、燃圧が「プシュッ」としません。

高圧燃料ポンプの故障か、その関連ですね。

途中のカプラーまでは12V来ています。

(このエンジンはキーONでは通電しないんですね、

事前に加圧せず、STARTから加圧を始めるようです。

バーハンのバッテリーレスEFIシステムはそうなのでしょうか?

Hondaは全て事前に加圧するので、今回は勉強になりました。)

高圧ポンプを外して直接通電すると、動いています。

高圧ポンプの+-を逆に繋いでいたのが原因でした。

今回の失敗を踏まえて、慎重に燃料のエア抜きをして、

試運転を実施しました。

15-2

辺りはすでに真っ暗闇です。

後日ダイアグ(PC診断)をしました。

(市販のUSBシリアルケーブルのセットアップで

少し手間取りました・・・汗)

15-9

各センサーに異常は、なさそうです。

15-8

触っていると、この機能の中にエア抜きができる

システムがありました。

あ~ダメですね~

このエンジンは研修行ったことがないので、勉強不足でした。

トーハツさん、また研修会があったら呼んで下さいね。

さて、先ほど午後に取りに来られると電話がありました。

お待ちしております。

お次は、遠方からHonda BF225AK3の整備のご依頼でした。

15-3

聞けば買ったお店はすでに無く、5~6年間

マリーナでエンジンオイルとギヤオイルは交換してもらっているが

他の整備はしたことが無いとかで・・・

先日発生した警告ブザーやエンジンの全てのアノードの交換や

その他消耗品全部換えてほしいと・・・

「いや、そんなの1日では無理なので泊まりになるし、

金額もそこそこかかります、どうしてもというなら、せめて

少しでいいので頭金だけでも・・・」と見積を出したら、

なんと「全額」前金で振り込んでこられました。

で、十分準備をして、宿も取って、助っ人も用意して

現地に訪問させていただきました。

15-4

事前にオーナー様にお願いして「自己診断システム」を

実施していただきまして、各部センサーに異常は無しと聞いていましたが

最初にDr-Hパソコン診断をします。

異常無しです。

続いて作業に入っていきます。

消耗品を交換しながら分解も進め、オーバーヒートの原因も

探っていきます。

中間ハウジングも外してウォーターチューブの上部も

確認します。

15-5

ここは問題が無かったようですね。

エンジンの内部アノード全部換えてということなので

BF225AK3には付いているエンジンブロックの

防食亜鉛のキャプを外します。

(BF225ならAK1/AK3/Dについています。A2~A6には付いていません)

「うわー」

右側3個、左側3個付いているアノードがボロボロです。

「このタイミングで交換してくれて良かった~」

15-6

いくつかは、もう、ボロボロで、「歯医者さん用意」で

助手に掃除機で吸ってもらいながら、カリカリ掃除を

していきます。

15-7

交換には、この14サイズの六角レンチが必要です。

ワッシャも一緒に交換ですが、キャップも交換を

してもよいかも知れませんね。

(キャップは今回、必死で掃除をして使用しました)

排気管を外さないと交換できないのですが、

15-8

排気管にも防蝕亜鉛は付いているので、それを交換するときに

一緒に交換しましょう。

このオーナー様もエンジン内部に亜鉛が付いているとは、

最近までご存知無かったようです。

2日間掛けて、全ての作業が終わりました。

最終チェックで、再度Dr-Hパソコン診断器を接続し、海上試運転を実施します。

航行していると、急に「ピー、ピー、ピー」警報がなります。

Dr-Hに目を落とすとO2センサーの故障と出ています。

直ぐに戻って、桟橋でオーナーに説明を実施します。

実際に一度外して、ご自身で交換できるか手順を見てもらって

「トライしてみます」とのことですので、

出来なかった場合はまた来ますとのことで

リセット方法まで伝授して帰路に付きました。

すごいタイミングで故障したのですが、

ちゃんと説明をわかっていただけてよかったです。

少し、スッキリ気分で帰れなかったのは残念ですが、

逆に私が目の前に居たタイミングで不具合がはっきり確認できて

不幸中の幸いかもしれません。

今回も本当に良いオーナー様とマリーナ様にめぐり合いました。

恵まれております、私。

来週は本業のほうの予定がびっしりです。

お預かりしているBF90Aの・・・大工事もあります。

やっぱり年内は、それでいっぱいいっぱいになりそうです。

延期いただいている常連の皆様、すいません。

1月9日以降ぐらいから順番にご連絡させていただきます。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA