未分類

キャブレターからガソリンを抜いてくださ~い。

10-12

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

いつからスタッドレスタイヤにするか悩んでいる私です。

燃費や走りが悪くなるし、

ギリギリで交換してもいけないと言われるし・・・

エコタイヤは今週いっぱいかな?

さて、〇〇大学〇〇部さんのMFS9.8Bの続きです。

持ってこられたとき、ブローバイホースが折れ曲がっていました。

10-1

完全に通気できていないと、不調になることがあります。

↓動画です。

10-2

ホースから勢い良くガスが出ているのがわかると思います。

ガスの正体は、燃えなかった混合気や霧になったエンジンオイルです。

(それがブローバイガスです。)

で、混合気は爆発性なので、エアクリーナーから吸わせて

燃焼させています。

部品それぞれには正しい使命があります。

ブローバイホースは折らないで下さい。

先日、整備完了してお引取りに来られました。

試合、がんばってくださ~い!

長くお預かりしていますBF15D1も同時進行で勧めています。

オイルパンのドレンボルトが交換時期になったので

今度は交換しやすいように6角頭を入れておきます。

10-5

「昨年は入院で点検に出さなかった・・・」

たしかに、前回はちょうど2年前でした。

10-6

インペラーの交換は3年ぶりでしたでしょうか。

いいタイミングでした。

10-7

アノードはまだ体積が十分有ったので、表面に付着した

カルシウムなど異物を機械で磨いて再使用します。

10-8

左が磨く前、右が磨いたあとです。

これ、出張修理だとここまで綺麗に磨けませんので

作業時間のこともあり、ズバッと交換することが多いです。

ある程度作業を進めてながら、途中で試運転を実施して

スターターモーターを分解するか否か考えるつもりです。

お次はMFS2A君です。

「しばらく使っていなかった」との事で、

エンジンが掛からないようです。

10-9

燃料タンクの中がベトベトしています。

斑点のように、茶色のネバネバがあちこちに・・・

10-10

たしかに、長期間使っていなかったんでしょう。

キャブレターは、ご覧の通りです。

これって、本当にガソリンだけ?

2ストロークの混合ガソリンが干からびた痕のように

最底部には「青いアメーバ」状のものがべっとり沈殿しています。

10-11

「アメーバさん、まさかあなたはSSオイルの成れの果てではないですね」

聞いても返事が無いので、単なる独り言・・・

10-12

ここで、「キャブレター交換」と断定できれば良いのですが、

「清掃調整で直る」可能性も少しは有るので、クリーニングを始めます。

ひどい汚れのMFS2「A」のキャブレターの清掃は、いつも苦戦します。

あちこちネバネバなので、すごく苦労して作業します。

クリーニング後、仮組みして試運転します。

エンジンは掛かるのですが、しばらくすると止まりそうになり

吹かすと少し復活しますが、1分ぐらいで再度エンストしそうに・・・

を、繰り返して20分後、エンジンを止めます。

10-14

左は元々付いていたスパークプラグ、真っ黒です。

動いていた頃より不調だったんでしょうか?

右は中古ですがちゃんと焼けていたプラグを試運転で使用。

20分で真っ黒です。

10-15

試運転バケツも2ストのように排気で真っ黒になりました。

たぶん、キャブレターを新品にしたらスパッと直ると思うのですが、

たぶんで見積もりも書けないし・・・

例の中〇製の模造品キャブレターなら、調整&修理できないので

ズバッと新品に交換するのですが、

ちゃんと正規の日本が誇るケイヒンキャブレターが付いているので

もう少し、圧縮計測や2回目のキャブのクリーニングや

パイロットスクリューのメクラ蓋も外して掃除とか

色々やってみます。

で、それでも直らなかったら、キャブレターを

「アッセンブリー交換」です。

皆様、長期保管するときは必ずキャブレターから

ガソリンを抜いてくださ~い。

コメントを残す

*

CAPTCHA