未分類

THE GAKUWARI

09-3

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

はい、本日で11月も終わりました。

脳が加齢すると年月が早く過ぎると言いますが、

なら私の頭はボケボケかもしれません。

話は変わって、私、昔は「感じる」だったのですが

1年ほどタバコを我慢していて、

脳みそからニコチンとタールが抜けたからか、

先日、とある建物(ここでは無い)の中で見えてしまいました。

一緒にいた人も同じものが見えていたようなので

錯覚ではなかったようです。

何が見えたのか!?

信じるか信じないかは、ご来店のお客様次第です。(笑)

さて、メーカー様から紹介のMFS5Cの続きです。

09-0

エンジンの回転は上がるがプレーニングしなくなった

ということで・・・

空回りの可能性が有る部分で、目で見えないところが一つ。

2日間考えて、お金がもらえなくてもしかたないと決断し、

分解!

09-1

ピニオンギヤ、ベベルギアともにほぼ新品異常無しです。

異常が無いということは、クレームではないので

メーカーさんには請求できません。

お客様からの交換依頼でもないので、こちらにも請求できません。

09-2

ギヤオイルが抜けたので、組み立てて補給します。

お金がもらえる可能性が低いからといって

ギヤオイルが空ではいけないので、オイルを補給します。

パッキンも同様に新品に交換します。

その後、試運転をしていて、絶対とは言わないのですが

お客様の訴求していた症状の可能性が有るものが発見されました。

100%起こるというものでも無いのですが、メーカーさんに

確認したら、起こることもあるかもとのことで・・・

お客様に連絡/報告しました。

取りに来られたとき、ご説明すると、気持ちよく

「私がお支払いします」とギヤオイルとパッキン代を

払っていただきました。

「ああ、いい人で良かった」

〇〇大学体育会〇〇部さんがMFS9.8Bを持ち込まれました。

急ぎということで、他の預かり機は

みんな「シーズンオフなの急がない」とお聞きしていますので

順番抜かしして一番に作業します。

(練習に差し障っているようなので・・・)

弊社、学生さんや体育会/部の場合は少しですが

「学割」させていただいています。

09-3

「シフトが入っても、走行中に良く抜ける」とのことで

点検すると、チルトアジャストピンが脱落してなくなっており

ブラケット各部が緩んでガタガタになっていました。

09-4

この機種、チルトピンが無いとリバースロックがブラケットの

プレートに当って作動不良を起こし、シフトシャフトの

上下運動を制限してシフトが完全に入らなくなるようです。

水の出が弱いとのことで、インペラー交換をご希望。

弱いのは検水口の詰まりでしたが、5年以上整備を

していないとのことで、インペラーも確認します。

09-5

卍党&欠けも発生していました。

ちょうど良い時期にご依頼いただいたようですね。

シフトが中途半端で入ったり抜けたりを繰り返していたせいで

リバース(後進)側のドッククラッチの牙が

丸くなっていました。

(分解前の試運転でも、後進時にカリカリ吼えてました)

09-6

訴求ポイントなので交換します。

「エンジンは直ぐに掛かるが、エンストすることが多い」

ということで、キャブレターも分解して確認。

09-7

汚れは少々ですが、クリーニングを実施します。

これでもエンストするなら、持ち込みされなかった

燃料タンクに水が入っているのかも。

電話したら「その金額で全部できるんですか」みたいに

言われてしまいましたが「THE   GAKUWARI(学割)」

「ちょっとだけ」ですけどね。

学生さんはこの国の将来の宝物ですから。

その分練習がんばってください。

部品が届き、本日組み上げ予定でしたが、

突然のお客様のご来店で、

気合を入れた船外機の見積を作成しないといけなくなったので

途中で中断。

月曜にはMFS9.8B、上がる予定です。

もう少し、お待ち下さ~い。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA