未分類

強トルクになった新型BF225Dでかっ飛び~

M20

それは、一本の電話から始まりました。

「Honda 225馬力のカタログありますか」

有ると答えると、隣の隣の街から取りに来られました。

聞けば現在使っている船外機の調子が悪く、載せ換えを検討中だと

言うことです。

調子が悪くなる前の時点でも、加速がもう一つで

多人数で載ると、なかなかプレーニングしなかったので

パワーのあるHondaを考えてみたいと・・・

消費税の増税も有りますしね。

1度見積を書き直し、メーカーの販促キャンペーンにも助けられ、

また、お客様の熱いHondaラブコールにも助けられ

ご契約を頂きました。

いつもどおり、やってきていきなりバラされる

BF225D君です。

メーカー組立て時にも防錆や塩害対策はされていますが

私独自の部分にも防錆の塗装やグリスアップしておきます。

M1-2

そういえば先日ハイエース買ったサービスマンのNさんも

同じことしていたなぁ。

みんな、考えることは同じです。

せっかく新品を買っていただいたんですから、

最高のお仕事でお返ししたい。

ボートは下見に行きましたが、マルチメーターの配線が届くか、

心配で心配で夜も寝られない。

M1-4

私の工場で実際に繋いで、長さが大丈夫か確認したあと、

また分解して持って行きました。

このマルチメーターは見やすくて、使いやすくて

セットも楽々取り付けなのでお勧めです。

BF40D~BF250DのNMEA対応機種の全てにセット可能です。

「数年前に買ったんだ」という人も、セット可能です。

絶対にお勧めです。

↓マルチメーターの動画

M1-3

お客様に作業前、新品バッテリーをお預かりしました。

逆接続防止の為、+端子を赤く塗っておきます。

M17

最近、船外機の換装作業を手伝ってもらっているAさんに

今回も同行していただきました。

フォークリフトの免許を持っているので、助かります。

マリーナさんも、無償でフォークリフトを貸していただきました。

本当に有難うございます。

08:30から作業し、昼食はマリーナ併設のレストランで

満足ランチを食べて、17:30までがんばり、形だけは

セットができました。

あとは、綺麗に配線を束ねたり、掃除したり、試運転です

M18

しかし、マリーナの部長さんから、

「明日は風が強く、降ろせるかどうか・・・」

少し心配しながら、予約をしていたマリーナ併設のホテルに

宿泊いたしました。

(晩御飯も温泉も最高でしたよ。Aさんと過ぎてしまった夏

を惜しみながら乾杯しました。

そういえば去年も明石で同じ乾杯したなぁ)

翌朝、朝食を食べながら窓の外を見ます。

海面には

白ウサギが飛んでいます。

「やばいな~」

考えても仕方ないので、配線を綺麗に束ね、ボートをクリーニングし、

陸上試運転まで実施しました。

完璧です。

あとは風だけ。

また今日もお昼に満足ランチを頂きました。

食事に向かう私に、部長さんが

「せっかく来ておられるのだから、何とかして

降ろしましょうか」とご提案していただいて

勇気百倍です。

15:00まで待って、降ろすことになりました。

それまでの時間はまたボートを洗ったりして

過ごします。

15:00になりました。

出港します!

M20

さすがに先ほどまで強風注意報が出ていたぐらいですから

横からの風はきついです。

慣らしのついでに風裏になる海面までそろそろと

走りました。

ハイブリットカーのメーターと同じようなシステムで

巡航速度で走行中にリーンバーン(希薄燃焼)モードに入ると

メーターの虹のようなところがグリーン色に変って

省エネモードで走っていることを教えてくれます。

M14

スロットルレバーをガンガン動かすと、

なかなかエコモードに入りませんよ。

巡航速度になったら、不要なレバー操作を控ええ下さい。

数秒でエンジンのECUが認識して、リーンバーンモードに

移行します。

さて、風裏静かな入り江に付きました。

プロペラの先生であるMr-HONDA MARINEさんにも相談して決定した

このプロペラサイズがボートに有っているか、確認をする時間です。

オーナーが心配されていた加速は、最高速は・・・

ガバッときつめにスロットルレバーを空けます。

想像以上の強トルクがボートをぐんぐん前に押します。

Aさんがこの横幅の大きなボートのアフトデッキで

加速にびっくりしてひっくりかえりそうになり

「ギャッ」と声を上げます。

私も、事前の「まったり加速」情報があったので

ロケット発進にびっくりします。

新型BF225DのBLAST効果が、思った以上にでています。

「このボート、こんなに軽々走ったっけ?」

小さな入り江を全部使う必要が無いぐらい短距離で

WOTに達します。

チルトを調整し、素早く最高速を探します。

M12

32Knot達成です。

船底塗装がなければ、もっと出るのでしょうね。

しかもガソリン満タンです。

今までは200馬力で27~28Knotということでした。

25馬力大きくしたのは、加速や、大人数の対応と

オーナー様「・・・VTECがほしい・・・」との事で

選択されました。

225君・・・やばい・・・

帰港すると、スタッフがすぐに近づいて来られます。

完璧なマリーナですね。

「何ノット出ました」

と聞かれ、

「32です」

と、答えると、

「ええっ」と感心していただきました。

私も、今までのBF225Aの感覚があったので

30Knotぐらいではと思っていました。

マリーナさんでボートを洗っていただき、片付けしたあと

オーナーさまに電話して完了の報告をします。

加速の件、最高速の件をご報告すると、大変喜んで下さり

「Hondaにして良かった」と言って頂きました。

「感涙!」

今回も、大変に良いお仕事をさせていただきまして

オーナー様、マリーナ様、Aさん、

組み立ててくれた細江工場の皆さん、

その他アドバイスを頂きましたMr-Hさん

販促で助けていただいたSさんに感謝でございます。

皆様本当に有難うございました。

BF225D XRJ君、ガンバって。

大漁を祈願していま~す。

そして、増税前ありがと~っ!!

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA