未分類

きっちり直るのは、気持ちいい

1-16

皆様ご機嫌は如何でしょうか?

秋雨前線の影響でか、最近修理の持込が少なくて

余裕をかましていたら、ここ数日で連続して増えました。

汗・・・

1-1

これ、全部圧縮圧力を測るコンプレッションゲージです。

国産、外国製、メーカーも色々です。

一番使うのは・・・一番安いねじ込み式です。

1人で修理しているので、これが一番便利なんです。

修理で入ってきた船外機で???があると、まず圧縮を測ります。

数字は裏切らない。

1-2

修理でやってきたMercuryのSeaPro10

「???」があったので、圧縮を測りました。

それでも納得できないので、ピストンに傷が無いか確認。

1-3

年式が古いので仕方ないですが、使うのには問題ないでしょう。

仮組みしてムリムリエンジンを掛けて調子を見ると

水の勢いが・・・・

見積を作って連絡し、許可を仰ぎます。

前もって言っておいたのですが、部品代が高くて

驚かれます。

インペラー交換も進言し、初めはやらなくてよいと言われましたが

あとでやっぱりしてほしいとのことで、OKを頂きます。

1-5

「うわっ」

ギヤケースを外すためボルトを緩めますが塩で固着しかけて

いました。

「しまったっ、海水ユーザーやぁ~」

勝手に淡水のバスユーザーと思っていました。

3本のボルトを外すのに、すごい時間を消費します。

ヒーヒー言いながらギヤケースを外します。

1-6

ポンプケースのボルトも、塩まみれです。

1-4

プロペラシャフトにはテグスがたっぷりと、

しかも1本、少しシールの中まで入っていました。

これでギヤオイルが白濁していなかったのは、キセキ・・・

1-7

テグスとインペラーです。

交換を決めていただいて、良かったですね。

次はTohatsu M6BのキャブレターOHとフューエルコネクターの

交換です。

1-8

キャブを分解したら、少量ですが水が入っていました。

ひょっとしたらタンク内にも・・・

1-9

これが始動性の悪さの理由かも知れませんね。

今日は2台やってきました。

これはまた機会があれば後日・・・

昨日は出張で、Honda BF75DK0の修理に行ってきました。

2007年に買っていただいたので、12年選手ですね。

基本、定期的な消耗品の交換は自分でされていて、

感心なお客様です。

どうしても自分で無理な場合だけ、お呼びがかかります。

うまく船外機とお付き合いされていますね。

最近、ひさしぶりに乗ったらオーバーヒートブザーが

鳴ったとのことで・・・

1-11

インペラーやウォーターパイプから点検していきます。

1-12

インペラー交換時、プレート下のガスケットも交換しましょう。

下半身に問題が無いので、ちょうどお昼になってお客さまと

おいしいラーメンを食べに行って、昼から上半身に移ります。

サーモスタットをはずしてみると、「えええええぇ~」

その奥が塩で完全に詰まっていました。

「なぜ?なぜ?どうして???」

1-14

聞くと、以前、夜釣りばかりしていたことが有り、

帰港したときは当然、マリーナさんはとっくに帰ったあとで

上架してもらえず(このボートは現在は陸上保管)

桟橋にくくって帰って、真水洗いしていなかったということでした。

誰でもわかりますが、真水洗いしていればこんなことには

なりません。

幸い、耳かき掃除&掃除機吸い取りで無事掃除が出来ました。

私が耳かきして、お客さんが掃除機で砕いた塩を吸い取って

歯科医のようです。

係留保管で水洗いできない方は、クールダウン運転後に停止し、

チルトアップの後、エンジンの右舷側(スターボサイド)が空を向くように

ハンドルを切ってエンジンを傾けておくと、このような

塩詰まりを防ぐことが出来ます。

原因がわかって無事に修理が出来ました。

1-15

修理完了後はマリーナ様に下架していただいて

海上試運転で最終確認を行います。

初めパソコン診断器Dr-Hを繋いで3つある温度センサーを

確認し、温度が異常に上昇しないか確認します。

全部、通常値になりました。

沖に出て、実走行してみます。

オーバーヒートの症状が完全に修理されました。

1-16

12年間で1996.5時間の運転をしてきましたBF75DK0は

さすが本田技研製ですので耐久性抜群。

2000時間なんて余裕余裕、

あと追加で2000時間ぐらいいけるかな?

トラブルが直ったら、しれっと絶好調です。

やることやったらきっちり直るので

本当に気持ちいい。

でも長持ちするので、買換え更新の機会が少ないのは

我々業者泣かせですが・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA