未分類

供給が再開されて部品が入ってきました。

01-1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

GW10連休が終わって、いよいよこれからは

マリンシーズン真っ盛りですね。

連休の後半、お休みを頂きまして出撃してきました。

01-1

潮が良さそうで、大いに期待して出港したのですが・・・

01-2

コイツらの連続アタックに貴重な時間をとられて

撃沈しました。

最近、釣りでは良い思いをしません・・・

休みが終わって、やっと部品の供給が再開されました。

Honda BF2D用の修理用の店頭在庫パーツを連休直前に

使いきって枯渇していたので、安心します。

01-3

連休の合間の営業日にやってきた常連様のBF2DK2君、

点検です。

スロットルケーブルがAもBも動きが悪くなっていて

交換しました。

01-4

プロペラシャフトを点検したらシャーピンが曲がっていました。

これでは海上で容易に交換できません。

苦労して外し、新品と交換しました。、

「最近エンジンの掛かりが悪い」とのことで

点検したらスパークプラグ(の外側)が錆び錆びで、

エンジンオイルは規定より多く入っていました。

01-5

エンジンオイルを規定より多く入れると

掛かり難くなる場合があるので要注意です。

01-6

整備完了です。

次は連休直後にやってきたBF2D6君です。

01-7

カウルにご自分で注意事項をあれこれ記入されています。

良い工夫ですね。

燃料系が心配とのことで、キャブレターを点検してみます。

01-8

少々汚れていましたが、固着はありませんでした。

燃料タンク内を調べてみると、水が混入していました。

01-9

少量ですが、不調の根源ですので退治します。

プロペラが大きく削れていたので、

「もしや」と思い、シャーピンを確認しました。

01-10

先ほどのBF2DK2よりもっと曲がっていて

抜くのに少し、まっすぐ目に戻して抜きました。

苦労しましたよ。

絶対海上では交換できなかったパターンです。

完全に折れてしまった方が抜き易くなる場合もありますが、

逆に、折れても容易に取れないこともあります。

定期的に点検し、曲がっている場合は陸上で交換を!

海上での交換は、どうしようもない場合の緊急だけです。

01-11

こちらもエンジンオイルが多いように見えるのですが

「自分でするので交換しないで」がご希望ですので

正確に多いか、計測できません。

ちょっとだけ抜いておきました。

うちに整備や修理にやってきたBF2Dの大半は、

スロットルケーブルにスパイラルチューブを巻いて

帰ってきます。

01-12

万が一、ハンドルと本体の間にケーブルを挟んだ場合の

破損防止のためです。

挟み込みがひどい場合はさらにコルゲートチューブを

巻く場合もあります。

お次は連休前にやってきたHonda BF15D3の

ギヤケースの整備です。

やっと部品が入ってきたので、組めます。

バーチカルシャフト側のウォーターシールの部分が抜けて

水が入って、ニードルベアリングが錆びていたものです。

01-14

シャフトに筋が入っていたので、

「シャフトも交換しないと無理やろ~な」と思いつつ

組んでみると・・・

01-15

なんと、「プシュ~」と漏れません。

くるくる回しても、小刻みにピストン運動させても

「プシュ~」せず、メモリも減りません。

「やったやった、儲けた儲けたぁ~」

どんどん完成します。

でも、まだまだ仕事はあるんです。

来週は、もっと大変になりそうです。

・・・・・・がんばります。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA