未分類

走りヨシ!・加速ヨシ!・VTECヨシ!・・・ラーメン良し!

003-6

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

知人とお客様にお酒を頂きました。

003-1

Oさん、Aさん、有難うございました。

しばらく良い夜をすごせそうです(笑)

先日、マリーナ様のご依頼で16ftバスボートに

Honda BF90DK4をセットしてきました。

現地に到着すると、今まで付いていた

2ストロークの船外機は外してありました。

助かりますぅ~

メーターやリモコン、リモコンケーブル、ハーネスを

セットしていきます。

このボート、年式からすると、すごく程度が良い!

日焼けもほとんどないし、カーペットも寝ていません。

なにやらガレージ保管だったとか。

納得。

バスボートなので、水圧計を速度計をセットします。

これ、海のボートではほとんど付けません。

BF90Dに水圧計をセットするときは、写真中央の

丸い突起部分にドリルで穴を開けて、

1/8-27NPTのネジを切ってニップルを取り付けます。

(ピッチは付けるニップルによって変化しますが

Honda、Mercuryなら、ほぼこのピッチです)

003-2

本日は助手のKさんに助っ人で来てもらっていたので

穴を開けながら切屑を掃除機で吸ってもらえて

非常にハイペースで作業が進みます。

003-3

スピードメーターのセット時は、この穴についている

黒いメクラ蓋を外し、代わりに標準で付いている

写真のニップルをセットして、ホースを繋ぎます。

あまりにも順調に進んだので、昼飯は抜かずに外食をしました。

食事から帰ってきて船外機本体をセットしたり、

順調&順調に進みすぎて

気持ちに余裕が出来て、船体側の細かな部分や

ネジの緩みを締めたりその他色々手直しをやっていたら、

「あれっ」

薄暗くなってきて、ギリギリ終了です・・・・(反省)

003-4

次の日は朝から、少し残っていた作業をこなしたあと、

各部確認や

慣らし運転や

エンジン高さ確認や

プロペラのセッティングのために

海上試運転を行います。

エンジン高さは、もう少し高めにしたほうがよいかな?

という、見た目には少々低いポジションからスタート。

プロペラはハイレーキタイプ4ブレードをまずテストです。

港を出ると、天気予報以上にめっちゃ荒れております(泣)

関西弁比較級で言う

すごく→めちゃ→めちゃめちゃ→ごっつ

の「中」ぐらいです。

しかし、走りの評価が高いこのボート、

16ftにも関わらず荒れた状況でも簡単にコントロールできて!

怖がりの私が怖くありません。

さらにHondaの特許技術の加速装置「BLAST(ブラスト)」が

スロットルのON-OFFにリニアに反応するので

波をいなすのが、非常に容易にできます。

(楽しいやんっ)

当然、マリーナ様の大切なオーナー様のボートですから

波で叩いて痛めないように新調にドライブします。

慣らしがてらゆっくり走って、やっと波の静かな場所に

たどり着いたので、プロペラチェックを行います。

003-5

風裏になるところが少ししかなくて苦労しますが、

数回往復して走行して

BLASTが、きついプロペラでも平然と立ち上げてしまうのですが、

しかし最高速時の回転数もリフト量も不足しているので、

また慣らしがてら荒れた長い距離をゆっくり戻ります。

マリーナに戻って、持って来ていたプロペラと

交換し、再度出港します。

短時間の間にめちゃめちゃ荒れており、

海面を「ウサギ」が飛び始めました。

周りを走行している他のバスボートが

水上オートバイかというぐらい、バッシャン

バッシャン水しぶきを上げながら走っていきます。

「荒れてきたので、帰るのかな?」

私は、答えが出るまで帰れま10(テン)。

先ほどの風裏に到着も、荒れていましたので

他の風裏を探します。

003-6

ホンの少しですが、風裏を見つけました。

テストの続きに入ります。

今度の3枚プロペラはこのボートに非常に相性が良かったようで

一気にBLASTゾーンを過ぎて、可変バルブシステムの

「VTEC」ゾーンに入ります。

加速しながらチルトアップしていくと、このボート、

まず「グイッ」と、

さらに「グイグイイィ」と2段階にリフトして、

一気に加速し、最高の走りをします。

さらに、非常に安定してすっ飛んでいきます。

「うわぁ~うわさ以上に走りがごっつええがなぁ~」

2段階に「浮く」ので、低いと思っていたエンジン高さは

ちょうど良い感じです。

VTECとの相性も非常によさそうです。

BF90DK4君、いい艇体に巡り合いました。

テストを終了し、また慣らしがてら、ごっつ荒れてきた

海面をゆっくり帰ります。

本当にコントロールが出来すぎて

非常に荒れているのに最高に楽しく走れました。

久しぶりです、ボートを降りるのが惜しいと思ったのは・・・

マリーナに帰って各部チェックをしていると、あとから

Honda BF135AK2のボートも帰港してきましたので

思わずシャッターボタンを押しました。

003-7

ボートを上げてもらい、マリーナのスタッフさんに

テスト結果を報告します。

走りのよさを報告すると、

「走りには定評のあるボートですからね」と

ニコニコされていました。

ボートをかたずけて、マリーナさんを後にしたら、

移動して少し遅い昼食を食べました。

003-8

お昼時はいつも必ず満員&行列で、なかなか食べられなかったんですが

少し遅めがよかったのか、少し待つだけで

ありつけました。

細メンめちゃ最高、スープごっつ最高(悶絶~)

私個人の感想ですが、近畿圏で食べられる

とんこつラーメンではNO1です。

(普段ぜったいに並ばない私が並ぶのですから)

走りヨシ!加速ヨシ!VTECヨシ!

さらに締めのラーメン良し!!

あまりにも満足度が高い1日でした。

マリーナ様、オーナー様、

本当に有難うございました~

 

コメントを残す

*

CAPTCHA