未分類

仲の良いご夫婦のHonda BF150AとBF8D1の整備です。

2-6

皆様、御機嫌はいかがでしょうか。

先週は「舞台どろろ」を見てきました。

なんちゃらビューイングですが・・・

たまには2.5次元もいいですね!

そして本日は・・・・・・・・

N博士がメタモルフォーゼして驚いている私です?

さて、少し前に整備をさせていただきました、

ご夫婦のご依頼のHonda BF150AとBF8D1の作業のお話です。

2-1

今回、初めてお仕事を頂きました。

ボートは耐久性と走りで定評のあるメーカーさんのものでした。

昔造船所の見学にいったなぁ~

まずは、あまり使っていないというBF8D1の整備から。

2-2

ギヤオイルを交換します。

かなりの年数、交換していなかったようですね・・・

BF8D1はエンジンオイルも交換して、

その後あまり時間をかけると、1日でご依頼全部が出来なくなるので、

お次はBF150Aの作業に移ります。

2-3

こちらのほうのギアオイルは綺麗でした。

適時交換されていたのですね。

同時作業でエンジンオイルとオイルフィルターも交換しました。

スパークプラグは100時間ほど前に交換済みということで

点検のみ実施します。

2-4

まだ綺麗なプラグで、焼け具合もいい感じです。

イリジウムなので、ワイヤーブラシでコスると壊すので、

ソロっとそのまま戻します。

いや、ちゃんと「カジリ止め」対策は実施しましたが。

低圧側の燃料フィルターを確認したら、問題無しでしたが

その前の水警報センサー付き油水分離器に水があったので

分解して清掃しました。

2-6

次に高圧側燃料フィルターを点検すると・・・

詰まりが限界を超えて、吸引負圧でクシャッとつぶれて、

フィルターで濾さず脇から燃料が流れていました。

2-5

お話を聴くと、以前燃料タンクに水やゴミが入っていたことが

あったようです。

濾していなかったので、ベーパーセパレーターの燃料を

下抜きしてチェックしましたが、大丈夫そうでした。

少し冷や汗・・・

リモコンケーブルの長さをチェックしてみたら、

シフト側がこれだけ(1cmぐらい)ズレていました。

33Cケーブルが延びちゃったんですね。

2-7

調整後、今度はスロットル側を調整しようとしたら

余裕が無かったので運転席のリモコンボックスを分解しました。

そしたら、こちらも余裕が無かったので

緊急避難処置でケーブル先端をカットして調整。

次回はケーブルを新規のものと交換ですね。

グリスアップです。

2-8

グリスを注入すると、海水がポタポタ出てきました。

インペラーを分解点検交換しました。

2-9

ここは適宜メンテナンスされていたようで、

インペラーは問題なかったのですが、

ギヤケースを外すとき、なかなか外れず、

オーナー様と2人がかりでやっとで外しました。

ひょっとしたら以前の組立て時に、耐水グリスを

塗らずに組んでおられたのでしょうか?

「外れないのでは」と、少しドキドキしました。

サーモスタットも交換しました。

初期モデルだったので、面を均してから措置して

交換しましたよ。

2-10

現在のモデルは、面の処置をしなくてよくなったので

楽ですね。

ボルト穴位置やOリング黒、カバーの互換性が無いので

最新型、その前の型の部品とは互換性無しです。

昼食10分で時短したので、順調に作業をこなせて、

スロボのメンテの時間も捻出が出来ました。

2-11

ブローバイガスに含まれる未燃焼ガソリンや

エンジンオイル、塩分を含んだ湿った吸気のため、

スロボは汚れがちです。

ここを清掃すると、アイドル回転の安定などに

貢献しますので、たまには綺麗にしたいものです。

2-12

今回交換しました部品の数々です。

アノードは全部交換、あと錆びの目立つネジ類なども

中古ネジで恐縮ですが、サービスで交換しておきました。

高圧燃料フィルターは帰ってからピットで、勉強の為に

分解してみました。

ろ紙の表面は乾いた泥のようなものがこびりついていて

完全に目詰まっている状態でした。

最後Dr-Hパソコン診断をしてみたら、運転時間は1500時間弱でした。

オーナー様、色々思うところがあったようですが、

Honda船外機ですので、きっちりと整備をしていけば、

最近乗せ換えで外したBF150Aは皆、4000時間を超えてからですよと

ご説明したら、奥様と「まだまだ使えるんですね」と

喜んでおられました。

(しかも壊れたのが4000時オーバーではなくて、

まだエンジンは掛かっていたので、一体何時間になったら

完全に使えなくなるのか・・・7000時間というツワモノが

居ると聞いたことも有ります・・・。)

今回ご依頼を頂きましたご夫婦は仲良く船底の掃除をされていて

特に美人の奥様は完全防備の上、ボートの底にもぐってスクレッパーで

本当に細かな異物まで取り除いて、

船底塗装の前処理をされていましたよ。

旦那さんが「そこまでしなくてもいいよ」というぐらい丁寧に。

ボートも喜んでいたように見えました。

さあ、他の預かり修理の作業も順調に進んでいます。

GW10連休に備えは万全ですと、いきたいもので~す。

 

コメント

  1. やま より:

    先日はお忙しい時期に有難うございました。
    細かく丁寧に説明して頂けてとても勉強になりました。
    また謙虚な姿勢にとても感心し、気持ちの良い一日を過ごせました。

    操船するのが楽しみです。

    1. Dr.H より:

      やま様、コメント有難うございます。又整備のご依頼有難うございました。
      初めての場所でしたがいろいろお気遣いいただきましたおかげで、時間内に終わることが出来ました。
      こちらこそ感謝申し上げます。
      今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA