未分類

プロペラスリップと卍党と白濁

1-12

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

今日は本来、出張作業の予定でしたが、

雨天で延期になりました。

予定が詰まってきているので、恨みの雨です。

お預かりして修理している業務使用のHonda BF15Dですが・・・

1-1

グリスを注入すると内部に溜まっていた水がポタポタと

あふれてきます。

長い間グリスアップしていなかったのかな?

1-2

サーモスタトを点検しようとしたら、ボルトが折れました(泣)

ネジの修正開始ですわ・・・

1-3

プロペラを外すと・・・ライン巻き巻き地獄です。

と、いうことは・・・

1-4

外れてほしかった予想通りのギヤオイル乳化・・・

時間が無いときに、やめてほしい試練。

1-5

でも、上の方が先に噴火しました。

なんと不運。

1-5-1

インペラーも「卍党」なので交換するか・・・

1-6

プロペラシャフトのシールがあたる部分が

凸凹に削れています。

ラインのタタリ思われます。交換や!

ちなみに下に写っている通り、シリンダーヘッドも

外してメンテンス中です。

お次は点検でお持ちいただいたHonda BF2DK2、

あまり使っていないとのことです。

たしかに綺麗。

1-7

ギヤオイルを抜きます。

少々汚れていますが、問題ない。

1-8

安心します。

1-9

プロペラシャフトには少々ラインや草を巻いていました。

取り除きます。

燃料タンク内に異物が見えたので確認すると

粒粒の水と少量のゴミが入っていました。

1-10

調子を悪くする犯人は除去します。

お次は本日やってきたTohatsu M9.8B、

沖合いで突然、エンジンは吹けるがゆっくりしか前に

進まなくなったとのことで・・・

1-11

あわてていてカウルを持ってくるの忘れたとのことでした。

まずはプロペラをはずしてみます。

「ああぁ、ここですわ」

1-12

完全にプロペラがスリップしています。

お預かりして、他にも異常が無いか点検を・・・

「うわっ」

1-14

「ギヤオイルが白濁しとる」

お客様に電話して、プロペラだけで済むと思っておられる

安心をぶち壊しにします。

「悪いところは全部修理してください」

わかりました、チェックを開始します。

乳化したギヤオイルを抜いて、圧力テストします。

1-15

「あれれ~」

圧を掛けてクルクルしても、圧をキープしています。

「ウォーターシールは無事」

では、、なぜ・・・

各部チャックすると!

1-16

パッキンが2重になっていて、内側は純正ですが、

外側はなんと、自作の柔らかいゴム製のものが

付いていました。上下とも!!

ここから入ったんですね・・・水。

自作ゴムが不要な作業を増やしてしまいました。

1-17

圧力テストの為にインペラーまで分解して、

これも「卍党」だったので交換しときますわ。

明日はBF150A4の整備点検で昼間は留守になります。

明後日21日は祝日ですが、仕事が積んできたので

営業の予定です。

GW10連休まで、がんばるしかないわぁ~

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA