未分類

Honda BF130AXの出張整備と時間との戦い

3-21

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

足が筋肉痛でパンパンになって歩くのがしんどい

今日の私です

昨日の私は、1998年式のBF130AXの出張整備に行ってました。

作業のご契約内容は「1日でできる範囲で作業する」です。

20年前のものですが、Honda製ですので、まだまだ現役です。

お財布に優しい親孝行な子ですね。

3-1

普段は行き付けのマリーナさんが多いので

整備対象の艇の真横にクルマを駐車できることが多いのですが、

今回は初めて行く「お客様の指定の上架場所」でした。

出張修理の場合、この「クルマ横付け」は大変重要です。

手や代車で運べる工具やケミカル類だけでは、

サービス内容が限定されてしまったり、

修理以外の「運搬」や「移動」に時間を食われて

泣く泣く作業内容を限定することになりまねません。

指定された場所は関西では大変有名なショップさんで、

スタッフの方も大変親身に対応していただきました。

ただ・・クルマが艇に横付けできず、工具やエンジンオイル、

オイルポンプ、ギヤオイルポンプ、掃除機、部品、

その他を何度も運搬してがんばました。

その途中には約1mの防波堤の段差があって・・・何度も乗り越え・・・

で、足パンパンなんです。

3-2

温度センサーが「?」ということで、交換する話になっていました。

ショップのオープンまで待つ間に、新品センサーのΩを測っておきます。

3-3

古いほうのセンサーも測ります。

車内と外と環境が違うので、数値は違いますが、

悪い数字ではありません。

但し、1日で全部やらないといけなので、

許可済みということで交換です。

3-4

まあ、この先端の塩まぶしを見たら、誰でも・・・

¥980-ですし・・・

3-5

ギヤオイル交換ました。

3-7

スパークプラグは全部きれいに焼けていましたので

安心しましたよ。

心臓ドキドキしながら、サーモスタットのボルトを緩めました。

3-8

スルスルと緩んで、安心しました。

20年間1度も緩めていないやつは・・・

90%の確立で、塩で固着しています。

ボルトが折れたら、リカバリーすればいいだけですが

予定外の追加時間の為、1日で作業が終わらなくなります。

(特に今回は初めての場所なので、残業はNG、

9:00~17:00までの時間制限勝負なんです。)

3-11

バッテリーは交換か充電が必要そうでした。

エンジンはギリギリ始動できました。

3-10

艇体側油水分離機には水が入っていました。

これは当然、除去しておきました。

3-12

チルティングパイプにグリスアップします。

この年式は、操舵シリンダーを外す必要があります。

今のは外さずにできるようになっていますので、便利です。

3-14

艇体側油水分離器に水があったので、エンジン側の

油水分離機とカートリッジフィルターを外して確認します。

水はここまで来ていませんでした。

さすが、艇体に付いている「ユニカス製油水分離器UF-10」

最高の仕事をしますね!!

3-15

オイルフィルター交換。

3-16

エンジンオイルも吸引後、最後に下抜きもします。

パッキンのアルミワッシャーは毎回必ず交換です。

3-17

アノードを交換する場合、接触する部分の表面を

きれいに掃除してから取付けしてください。

汚れたままだと、効果半減です。

3-18

スイベルシャフトにもグリスアップ。

首を振らなくなってから「どうしたらいいですか」と

電話掛けてくる方、たまにおられますが

分解しないと直らないこともあるので

普段からしっかりグリスアップをしましょう。

特にHonda船外機は長寿命の為、中古で出回っている物も多いので

中古を買った方は、必ず最初にグリスアップですね。

3-19

インペラーも交換しました。

3-20

エンジン内部アノードもこの機会に交換。

3-21

お腹がすいてきたので途中で立ったまま

パンをかじります。

行儀悪くてすいません。

今日は、本当に時間との勝負なんです。

3-23

こんな部品を交換しました(あとスパークプラグも)

途中でオーナー様が見学にこられて、シフトの不具合を

伝えて帰られましたので、リモコンBOXを分解しました。

3-24

誰ですか、こんなにリモコン側でケーブルを余らすような

取りつけをした人は・・・

おかげでエンジン側の調整しろが無くなっていました。

16:00、作業が終了しましたので、シフトの調整の確認も含め

陸上試運転をします。

↓動画です。

3-25

陸上試運転確認、終了しました。

最後にボート(の、作業で汚した部分を中心に)を洗艇し、

船外機を洗って、工具や修理道具をクルマまで何度も運んで

積み込み、着替えて事務所に終了の挨拶に行ったら、

16:50ギリギリでした。

9:00から17:00まで、ほぼ立ちっぱなしでした。

ああ、何とかやりきった~

来週も、BF90DK0の出張作業が入っています。

場所は、早いのも残業もOKのところなので、

少し、気が楽です。

シーズン前の点検依頼が増えてきております。

3月のボートショーが終わったら、本格的にシーズン到来で~す。

 

コメント

  1. ベー山 より:

    この度はありがとうございました。こんなに苦労をかけていたとはすいませんでした。作業内容を詳細に書かれた書類もすぐに届き、本当に信頼できる技術者だと思いました。感謝です。オーナーより

    1. Dr.H より:

      ベー山様、コメント有難うございます。
      この度は点検のご用命を賜り、有難うございました。何とか1日で済ませることが出来て
      良かったです。また機会がございましたら、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA