未分類

Honda船外機は、燃料クーラーの分解整備が可能なんです。

1C5

皆様、ご機嫌いかがですか?

昨日は以前にボートを購入いただきましたオーナー様よりの依頼で

BF135A4の整備に出張していました。

1C1

ギヤオイルを交換するときは、パッキンも必ず

交換しましょう。

1C2

オイルフィルターの色が微妙に変わりました。

1C3

小さいほうの(BF8D~BF60A)は、なんと

黒になったようです。

(まだ在庫があるので、まだ「黒色」は見てませんが。)

「検水口の水が出ないので診ておいて下さい」とのことです。

塩で詰まっていました。

1C4

検水口が詰まるなら、燃料クーラー内も出来れば分解確認すべきです。

やはり内部に塩の結晶が居ました。

ここの冷却水の流れが悪くなると、ガソリンの温度が上がり、

性能が低下します。

Honda船外機の燃料クーラー蓋はプラスチック製なので

滅多なことでは壊れたりしません。

さらに内部の掃除のできる、ありがたい構造です。

有難う、設計した人。

1C5

とても安心な燃料クーラーですね。

1C6

燃料クーラーの蓋を開けたら、組立てのときは

新しいパッキンを使用してください。

再使用して水漏れしても、知らないよ~

高圧燃料フィルターは定期的に交換してください。

1C7

中にスプリングが入っているので、無くさないように・・・

1C8

スパークプラグは正常に焼けており、エンジンのコンディションが

わかるというものです。

ご指示通り、新品に交換しました。

1C9

コネクター部には、たまにこんなのを使っても

よいかもしれません。

パワートリム&チルトのオイルも確認します。

1C10

ほんの少し少なかったようです。

当然、補充しました。

他の作業中、エンジンオイルは吸引機で上抜きしていました。

1C11

「トドメ」の下抜きをしましたが、1滴も出てきません。

優秀な私の吸引機、アリガトウ。

各部グリスアップします。

1C12

BF135A4でも初期のほうなので、チルティングパイプの

グリスニップルが正面向いていましたので、

油圧シリンダーを外してクリスアップしました。

今は上向きなので、そのままグリスアップできます。

ウォーターポンプのOHをするといって、インペラーだけ

注文をされる方が居られます。

1C14

私はほぼ毎回、キット(インペラーキット)で購入しています。

パッキンやキーも痛むものです。

1C15

今回交換した部品は写真の通りです。

その他の部品では、交換せず洗浄や分解グリス塗布、タッチアップ後に

再組立てでメンテナンスをした物等もあります。

左上にバラバラとあるのは錆びたネジ類です。

この年式の後、今までに2回(以上?)ネジの材質が変わって

さらに錆びにくく耐久性がUPになっています。

錆びたネジは早めに交換しておきます。

昔、尊敬する超プロのディーゼル修理屋さんの教えです。

朝の9:00から昼飯を食わずにぶっ続けで作業して、

14:00に一旦作業が終わりました。

あとは試運転をするだけ。

但し、一部に密着性を高めるため、液体パッキンを使っているので

少しは乾かす時間がほしいです。

オーナー様は最近、会社員を辞めて会社を起こし、独立されたとのことです。

社長就任のお祝い代わりに、サービスで洗艇をさせていただきました。

1C16

昔、オーナー様に嫁がせたときのように、きれいに洗います。

この業界に入って以来、何隻のボートを洗ったのでしょうか?

汚れや場所で洗剤と器具を使い分け、2時間半たっぷり洗って

きれいになりました。

(バフ掛けしたら完璧なのですが・・・あと1日必要です・・・)

最後に、液体パッキンの乾きを確認し、

ほんの少しだけ、そろっと試運転します。

1C17

オーナー様がご心配されていた検水口も

勢いを取り戻しました。

何点かご相談ポイントがありましたので、

修理報告書を後日郵送いたします。

2005年初回進水のBF135A4君。

今年で14歳、約1000時間です。

でもまだまだ普通に現役でがんばっております。

あと3000時間ぐらい、いけるかな?

たくさん魚を釣らせてあげてくださ~い。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA