未分類

NSC-265&BF250AとYamaha F2Aの修理

NSC265

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

関西フローティングボートショー会場から

画像が送られてきました。

NSC265

おおっ!

光輝いております。

ニュージャパンマリンさんのNSC-265!

この新設計された波きりのよいカタマランハルと

BLAST/VTEC/ダイレクトエアーに武装された

BF250Aのハイパワーは相性抜群でしょう。

乗りたかったなぁ~

あと、燃費も良いはずです。(250Hpクラス)

明日も、明後日も新西宮ヨットハーバーでやってますので

皆さん、ぜひぜひご見学を!

私は・・・明日は出張整備で行けません(泣)

さて、本日はYamaha F2Aが修理で持ち込まれました。

ここのところ、ヤマハ船外機の修理が連続しております。

a1

オーナー様によると

「エンジンは掛かるが、吹けない」とのことで、

症状確認の為、試運転をします。

a2

一発始動ですが、スロットルグリップを回すと、

プスッとエンストします。

来たとき、オーナー様に

「エンジンオイルの入れすぎでは」とたずねると

確かに、自信がなさそうで・・・

a3

う~ん、かなり多そうです。

a4

汚い廃油ジョッキで申し訳ありませんが、

計ると、800mℓ(0.8ℓ)入っていました。

メーカー指定量は350mℓ(0.35ℓ)ですので、

約2.3倍入っていました・・・

これでは、吹けません。

で、エンジンオイルを交換/規定値に戻しても、

アイドリング回転数はグッと上がり、

ゆっくりなら全開近くまで回るのですが、

急だと、まだダメです。

残念ですが、各部分解点検に入ります。

スロットルとは関係ありませんが、サーモスタットを

点検します。

a5

サーモスタットは正常に動いていましたが、

白い紐のようなものが絡みついていました。

ほんの少し、見た甲斐があった?

キャブを外して、ドレンを抜きますが

「あれ?」燃料が出てきません?

器で受けて不調の犯人を逃さないようにしながら

キャブの各部を分解します。

a6

小さなぶつぶつが・・・水が・・・

「ああっ」

フロートチャンバーをひっくり返したときに

思わず声が出て・・・

a7

キャブの底に岩塩がいました。で、

ドレンの穴が詰まってしまい、ドレンを抜いても

燃料が出てこなかったんですね。

オーナー様に連絡しOKが出たので部品の注文をしました。

週明け部品が届き次第、完成予定です。

あっと、先ほども書きましたが、明日は出張整備で

留守になります。

BF135A4の定期点検なので、何時に帰ってこれるのか

わかりません。

ご不便をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA