未分類

1年目のHonda BF2DHの点検整備で~す。

d8

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

朝晩めっきり涼しくなり、季節は秋。

釣りの楽しいシーズンがやってきました。

早速釣竿を用意してといいたいところですが・・・

ワタクシ、今年は地元の自治会の役員をしていて

10月末のお祭りが終わるまで気が抜けません。

11月まで我慢ですわ。

さて、点検依頼のBF2DHがやってきました。

d1

まだ新しく、特にどこも異常が無いが

1年ぐらい経つので診て欲しいとのことです。

すごく良いことですね。

サクサクっとエンジンオイルとギヤオイルを交換し、

燃料タンクを覗くと細かなゴミが見えます。

タンクを外して中身を確認します。

d2

細かなゴミが少量ですが、点々と・・・

d3

キャブレター側のドレンコックも開けて

エンジン内の燃料を一旦全部抜きます。

d4

水は入っていませんでしたので、放置してもすぐに問題は

起こりませんが、これが年々蓄積すると、

故障の原因になります。

点検の依頼なので、除去します。

今回はゴミを沈殿させて、

上の方だけ再給油しました。

d5

スパークプラグも点検し、使用回数が少ないからか

まだ使えるので、そのま再使用です。

d6

最後に水槽試運転をして、キャブレターの

点検調整を行います。

d7

規定値より半回転開いていたので戻してみると、

回転が落ちたので、元に戻しました。

どこかの(Y原さんのような)プロショップに

調整してもらったもことがあるのかな?

一発始動/アイドル安定/レスポンス良しなので、

今回はキャブレターの清掃は無しで行きます。

普通の水冷船外機はこのあと、エンジンの冷却水を組み上げる

インペラーの分解点検をするので、工賃がさらに掛かるのですが

Honda BF2DHは空冷なので、点検する必要がなくて

安上がりです。

全く異常なしで、インペラー無しだったので

この方のBF2DHは、全部やっても¥5,000-以下でした(泣)

本当に、新型BF2DHの整備は、儲かりません(笑)

(故障や異常があれば、高くなります、念のため)

店開き(同類のオイルや工具の準備のこと)のついでに

私の愛機のBF2D4のオイル交換をしました。

ついでにエンジンオイルドレンを、

BF2DH用の6角頭の新型に交換!

d8

これで、次回からスピーディーに

オイル交換出来ます。

さあBF2DH君、秋の釣りシーズンの海原を

駆け抜けてください。

私も11月から、追いつきま~す。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA