未分類

倒してしまって出血大サービス!?とBF130AXの続き

a1

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?r

先日、新品Honda BF2DHをお持ち帰りになられた

ばかりのお客様より電話が・・・

「いまから持っていっていいですか?」

どうしたのかお聞きしたら、家でいきなり

したたかに倒してしまったとのことで・・・

a1

うわ~お気の毒です。

アンダーケースを替えるしかないです。

a2

新品なので、分解はスラスラリ~とテンポ良く進み・・・

a3

約50分後、完了です。

これ、使いっぱなしノーメンテで10年選手だったら

3~4倍の時間が掛かることもあります。

弊社で買っていただいたところなので、

先日の1回目で水没機と同様に

出血大サービスしておきましたよ。

「そんなこと、いいの?」と言われましたが、

では、「またお友達を紹介してくださ~い。」(笑)

さて、同時進行でBF130AXの整備が進みます。

ギヤケース水入りで、中のベアリングが錆びていたのですが、

20年前のエンジンなので

このベアリング販売終了になっていました。(泣)

a4

で、とある方に情報をいただき(ありがとうございます。)

同じものを何とか入手。

動いてはいますが、錆びたものを再使用して

バラバラになったら、目も当てられません。

a5

これも20年前のエンジンなので

「最後の1本だった前期型のバーチカルシャフト」の

シム厚の計算中です。

a6

このべべギヤのリヤ側のラジアルボールベアリングは

錆びて、びくとも動かないので、これも

交換します。

このベアリングは前期-後期共通なので、

メーカー在庫はたくさんありました。

a7

BF130A独特の「オイルクーラー」内部の

アノードを交換します。

a8

こちらは先日修理完了したM4Cのアノード交換。

亜鉛の接触部の塗装や汚れは、きれいにして

「地」を出しておくと効きが良いです。

a9

なのでBF130AXのギヤケースアノードも、

接触面が汚れたり電食してたら

地が出るまで磨いてから取り付けます。

a10

外すときに多少、分解気味になりましたが、ボロボロに

なったバーチカルシャフトのブッシングを

新品に交換しました。

どんどん完成に近づいてきましたBF130AX。

来週は船外機の出張セットがあるので、それまでには

完成させたいで~す。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA