未分類

BF40DK4の加速と美人奥様の差し入れと、私は熱中症だが船外機が熱いのは、直った。

T7

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

本日は熱中症気味で頭痛がひどい私です。

夏は船外機がたくさん売れるので、大好きです。

T1

1年中、夏だったらいいのに?

先週、修理をした船外機オーナー様の

一緒に来られた美人奥様に頂きました。

T2

酷暑でフラフラだったので、エナジードリンクは助かりました。

有難う御座いました。

先日のMFS2Bの修理の続きです。

オーナー様が自分で修理したのではなかったようでした。

T3

どろどろに溶けてしまったスロットルケーブルは交換です。

T4

冷却水パイプを留めるゴムも、オーバーヒートの高熱で

ブカブカになってパイプが外れそうです。

ここまでバラシて良かったと、海の神様に

感謝します。

(見つけなかったら、またまたオーバーヒートです。)

T5

組みあがって、試運転します。

温度はきちんと管理されるようになり、

修理前の「うなぎ昇り」では、無くなりました。

熱中症は改善されたようです。

T6

水の勢いも回復!

試運転バケツの水温を計ると、40度を超えていました。

何でもかんでも暑いね。

T7

先週、BF40Aから換装したBF40DK4君です。

17ftのボートにセットしたのですが、製造時の規格が

2スト40馬力のこのボート、

その次のⅢ型は50馬力になっていたので、アンダーパワーを

どうするかがポイントでした。

小さな脳みそでいくら悩んでも答えは出ないので、

Mr-Hさん(本田技研さんの)に連絡して知恵を借ります。

ふむふむ、12Pが最適ですか、

私は13Pから攻めようとしていたので、回り道するところでした。

有難う御座います。

油圧操舵機やサイドリモコンは誰が、

誰が過去にセットしたのか?

炎天下のやり直しですっごく余分な時間を食いました。

今回は元ボートオーナーAさんが同行で手伝ってくれて、

非常に助かりました。

Aさん、感謝です。

翌日、残りの作業をしているとオーナー様が到着されて、

まず陸上試運転をして、ケーブルの最終調整をし、

海上試運転移りました。

低速で操作状態を確認し、沖に出てプロペラのマッチングの

確認に入ります。

ズバッとWOTにすると、Hondaの特許技術の

加速装置「BLAST(ブラスト)」が「グィ」っと

一瞬でボートを持ち上げ、アンダーパワーを

全く感じさせずに一気に加速します。

トリムを追い込んだ状態で5000rpmです。

そこから少しずつトリムを上げていくと、

台風の影響で少しうねりがあったのですが、

5500~5600rpmまで回りました。

Mr-Hさんの言うとおりでしたね。

さすがです。

お客様、油圧操舵機もリモコンも軽くなって、

(というか、通常の軽さになっただけですが)

走りにも満足いただけて、終了となりました。

新品の船外機をセットしたのですから、

長~く、海を楽しんでくださいね。

さて現在は、時間との戦いをしております。

諸事情ありまして・・・

間に合わせてあげたい。

がんばります。

コメントを残す

*

CAPTCHA