未分類

Honda船外機用NMEAケーブル4.5mと、BF15AYのギヤケース修理。

R6

皆様ご機嫌はいかがでしょうか?

昨晩、携帯電話が大雨による避難勧告アラートを

何度も鳴らすので、そのたびに

「地震か!!」と飛び起き、今日は大変寝不足のワタクシです。

(でも、中には命に関わる状況の方もおられますので

大切なアラートですね。)

最近徐々にご注文が増えてきている

Honda船外機用NMEAデジタルメーターですが、

エンジンに接続するのに便利な4.5mのインターフェイスケーブルが

LOWRANCEより発売されました。

R1

いままであったケーブルは1.8mだけだったので、

リギングホースの中や船体に入ったあたりに接続カプラーがきてしまい

取付時に苦労をすることが多かったのですが、

4.5m有れば、小型ボートなら運転席まで届く長さです。

(メーター単独接続する場合は、

別途電源供給ケーブルなど必要)

先端はHonda NMEAカプラーの6Pになっているので

差し込むだけです。

お値段も¥15,120-(税込)と1.8mと同じ金額なので

お買い得ですね。

少し前ですが、お客様よりお手紙が届きました。

お叱りか苦情か?なんだろうと開封してみると

R2

先日修理をしたトーハツ船外機の調子が良くなったとの

ご報告でした。

わざわざ丁寧にご連絡までいただきまして

恐縮至極に存じます。

「この船外機、壊れたら新しいのを買う」と言われていましたが

遠い将来になりそうですね(笑)

さて、常連様の業務用BF15AYの修理です。

何年か前にバルブ付近のOHをしていますので

一発始動ですが、かなり年季が入っていて、

オイル上がりがひどくて、2ストのように

白煙を吐いています。

「そろそろ・・・」と

展示中の中古など、ご案内もしているのですが・・・

今回は、ギヤオイルを交換しようとしたら

白濁していたとのことで持ちこまれ入院です。

ギヤケース周りも事故や消耗で過去何度も修理しています。

R3

右が新品、左が付いていたシフトシャフトで

オイルシールのあたる部分がくびれて

水が入っていました。

ちなみこの部品、注文時残り2本でした。

残り1本が無くなると、もう修理ができなくなるような

古いエンジンです。

今回はラッキーでしたね。

(1部販売終了パーツがあったので、古い部品を

再使用しました。磨耗は無かったのですが、

再使用のための分解に時間が掛かって(泣)

R4

シフターも傷が入って窪んでいたので交換。

R5

その他にも白濁したオイルの排出や清掃をしたり

PEライン?を巻いていたプロペラシャフト側の

オイルシールも交換したり、

今回も結構掛かってしまいました。

R6

バーチカルシャフト側のオイルシールは、

何年か前に交換済みです。

両方シール交換してピカピカになっております。

R7

圧力テストをして、OKになりました。

ギヤケースの外観はすごいことになっていますが

内部はかなりのパーツ交換をしています。

恐いのは、お金をかけて修理してすぐに

また違う部分が壊れることです。

しばらく無事いてくださいねBF15AY君。

 

来週は出張で船外機の換装予定が入っていますので

留守になる日が有ります。

ご来店時は事前にお電話確認いただけましたら幸いです。

ご不便おかけいたします・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA