未分類

連休の合間の、Honda BF20DK2の修理。

c2

皆様、ご機嫌はいかがですか?

2連休させていただき、たまっていた疲れが

かなり取れてリフレッシュできた私です。

GW直前まで、ハードでしたからね~

今日連休中だからか、技術的な電話の問合せが多いです。

いつも困るのは、

「〇〇が調子悪いのですが修理代はいくらですが」の

類の質問です。

診断前の見積は、計算しようがありません。

さて、BF20DK2君が修理でやってきました。

c1

事前にお電話で、検水口から出る水の勢いが少ないのだがと言われ、

そのまま使うのは絶対にNGですよということで持って来られました。

c2

羽根の1枚は千切れかけていて、1つ飛ばして

もう一枚は、完全に千切れています。

ちぎれた1枚の羽根を捜します。

冷却水を防ぐようにどこかに詰まっていたら、

原因不明の発熱に悩まされてしまいますので・・・

ポンプケース周辺、ウォータースクリーン内部には

ありません。

仕方が無いので、サーモスタットや排気側の

ウォータージャケットカバー内を開けて、探します。

c3

ここにも欠片はありません。

以前原因不明発熱で南方から修理に持って来られた

BF15D3のときに詰まっていた、

内部アノード下にも、詰まっていません。

c4

排気冷却通路/アイドルポートにも有りません。

う~ん

c5

このあとウォーターパイプも外しましたが、

ジョイント部にも、パイプ内にもありません。

う~ううっ~

めずらしいことです。

c6

オーナー様が見たら気絶するくらい、

大切なBF20KD2君がストリップ状態です。

あと残すは

「パワーユニット脱着」ですが、高額になるので

ゴマ粒ぐらいに砕けて外に排出されたことを期待して

一旦再組み立てしてから試運転し、

各部の温度を測ってみることにします。

これを見た皆様、インペラーは定期的に

2年~遅くても3年ぐらいで交換しましょう。

宜しくお願いしま~す。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA