未分類

リコールで緊急出動と、ご協力お願い申し上げます。

f-17

皆様、ご機嫌はいかがですか。

本日の私は早起きして、緊急出動で少し遠目のマリーナへ。

f-11

師走で高速が混むので、いつもよりさらに

早めに出ました。

作業内容は、2014製造の1月~3月に製造された

NISSAN(ホンダOEM)のBF225AK3のリコール作業です。

NISSANの保証書で保証登録されたので、

当然、本田技研さんにはオーナー様連絡先が登録されていません。

詳しくはわかりませんが、個人情報なので、

日産→本田技研に連絡先が引き継がれなかったと推測します。

(逆に個人情報を引継ぎしていたら、それは問題?)

私は同様の作業を、2014年~2015年ぐらいに2台ほど

実施した記憶があるので、いまさら寝耳に水なのですが・・・

以下、対象機種のフレームNOです。

セブリエ、サンキャット26/245、ウイングフィッシャー27などに搭載されて

いるのではと思いますので、オーナー様、マリーナスタッフ様、

見つけたら本田技研工業㈱さんまで連絡してください。

(今日の実施はBAGJ-1800504だったので、省いてください)

f-12

で、メーカーより「あるところ」にこれらの対応をお願いした様子ですが・・・

あとは想像におまかせします。(大人の事情)

で、今回、船舶検査でJCIより指摘が有り対象機と発覚、

旧知の販売店社長様より作業の依頼があり、行ってきました。

この、左側のカムシャフトプーリーを

交換します。

f-13

このプーリーの下に、タイミングを検知するセンサーが

あるのですが、その部品の取り付けに、

ひょっとしたら不具合があるかもというリコールです。

f-14

外した部品と交換する部品を見比べます。

リング状のパーツを留めている黒い3つのリベットの

カシメ不足の疑いです。

この部品はきっちりカシメてあって、緩みもなく、

問題はありませんでしたが、リコール=自主回収なので、

部品を交換し、旧部品を回収しました。

f-15

締めるときは指定トルクできっちり締め付けます。

f-16

作業が終わったら、リコール作業を実施済みという証の

ステッカーを貼ります。

これで、JCI(日本小型船舶検査機構)の

継続検査を合格することができます。

今回は対象だったのに未実施だったので不合格となり、

それで、緊急出動というわけです。

f-17

最終、下架後にボート販売会社社長さんと海上試運転をして、

作業終了しました。

オーナー様、ボート販売会社社長様、ご迷惑をおかけしました。

取扱店の一員として、お詫び申し上げます。

最後に、このブログを見ている方に再度、ご協力をお願申し上げます。

2014年~旧日産マリーンさんが事業終了するまでに

新艇でボートを購入されBF225Aがセットされている場合、

又はエンジン単体で新品でBF225Aを購入された場合は、

今一度、製造番号(フレームNo)をご確認下さい。

BAGJ-1800500

BAGJ-1800501

BAGJ-1800502

BAGJ-1800503

BAGJ-1800513

BAGJ-1800520

本田技研さんは、この6台の船外機を探しております。

実施済みなど行き違いがあった場合はご了承下さい。

重ねて、宜しくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA