未分類

海の神様と燃料タンク!!

Z12

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

明日は新調したGPS魚群探知機のテストを兼ねて

ひさしぶりに釣りにいく予定です。

DSCF5700

さて、いつものボウズメンバーで行くのですが

寒くなった大阪湾の海の神様は微笑んでくれるでしょうか?

先日修理でやってきたHONDA BF2DK2ですが、

長期保管の後、スロットルを吹かせても中速域から

失速するとのことで入院。

キャブレターが少々汚れていました。

スーパーキャブレタークリーナーが

すごくきれいにしてくれます。

Z1

「ガソリンは問題ありません」という話でしたが・・・

水が見えています。

Z2

多分、新しいのを追加しただけだったのでしょう?

Z3

掃除をしたら、ついでにゴミも取れました。

Z4

タンク清掃とキャブレター分解清掃調整で

バッチシ直りました。

ギヤオイルが汚れていることをTELで伝えると、

「交換してください」と即決で、追加のお仕事も

いただきました。

Z5

お次は長々と預かってしまっているBF15AMです。

やっと終盤に入ってきました。

Z6 (2)

ここのつなぎ目は液体パッキンを塗らないと

排気漏れしますよ。

(来たときは、漏れてました・・・前の方塗り忘れ・・・?)

Z7

折れたのではありませんが、古いのでねじ山を

きれいにしてから組み立てます。

Z8

組立て終わって最後にオイルを交換しました。

エンジン試運転開始します。

Z9

クジラの尾っぽが付いているので、弊社の試運転バケツに

入らないので、スタンドのまま運転します。

エンジンは掛かって問題ないように見えるのですが

少し、気になることが・・・

次の日、考え直して、一旦クジラの尾っぽを外して

水槽で30分ほど運転します。

春?にもこの「尾っぽ」パターンで音が聴けず失敗しているので

やはり、エンジンの音とか、振動とか、その他いろいろ

数字以外の部分が気になります。

(圧縮圧力はよい数字がでています)

何度も何度も試運転し、

どうしても心配なので、オーナーに電話の上

了承いただき、追加で電気系の部品も

交換させていただく方向になりました。

部品が入るまで、もう少し時間が掛かりそうです。

お次は「ヤマハのコネクターが壊れた」と緊急でご来店。

たまたま在庫があったので、EG側、タンク側共に

オーナーの希望で新型に交換しました。

Z10

新型は壊れにくい構造になっています。

お次は、工場で展示していた中古のHONDA BF5AM SJが売れました。

「下取りしてほしい」とのことで、

TOHATSU M5B(S)を取らせていただいたのですが・・・

Z11

大変きれいな船外機です。

ところどころは新品のように光っています。

お客様曰く「数回使ったあと、ずっと物置保管していた?」

とのことだったので下に取ったのですが・・・

キャブレターを仮で掃除分解掃除し、

再販前に交換する部品を見定めます。

キャブの清掃後の試運転でエンジンは絶好調です!

が、しかし~「ああああああっ~!!」

Z12

「燃料タンクにクラックがああああああああぁ~」

入っております(悲)

お客様も気がついていなかったと思うので、

恨む気持ちは、海の神様に誓って微塵もございませんが、

これは痛い出費です。

内部まで貫通してはいないので現時点では漏れませんが

場所が場所だけに、何年後かに漏れて海上で火事になったら

「販売時は漏れてなかった」では済まされませんし・・・

ましてや、〇〇オークションでもないので

見なかった事になんかしたら私は

海の神様の怒りを買う事になるでしょ~。

Z14

キャブレターの経年劣化したパッキン類、インペラーと共に

燃料タンクも交換します。(泣)

来週くらいから、店頭展示品に加わります。

頭上タンクのM5B(S)です。

タンクが新品なので、お買い得です!絶対!!(泣)

コメントを残す

*

CAPTCHA