未分類

販売終了部品と指名料金はいりません。

W19

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

衝動買いしたHUMMINBIRDを早く使いたくて

11/23に釣りに行こうと考えているワタクシです。

 

DSCF5700

サイド/ダウンイメージはどんなポイントを

探し出してくれるのでしょうか?

さて水没復帰作業のBF2DK2の修理の続きです。

W1

荒れていたバルブのあたり面を修正します。

ついでに真っ黒だったピストンのTOPも・・・

W2

きれいになりました。(気持ちいい~)

クラッチハウジングしたのウォーターシールを

交換します。

W3

ここから海水に突破されたら、クラッチやられますから。

クラッチベアリングは・・・

とうとう全く動かなくなってしまいました。

このベアリング、単品設定がなくなったんです。

(クラッチアウターとアッセンブリー)

程度のよい中古があったので、

今回はサービスしておきます。

W4

「錆びているから交換しておいてください」といわれたナット・・・

W5

もったいないので、これも中古ですがサービスしておきます。

その後、サクサクと作業は進み・・・

試運転開始です。

「キャブレターよ、生きていてくれ~」

W6

大丈夫でしたキャブレター、キャブのアッセン交換を免れましたよ。

全部バラバラになったので、今度はペラを付けて

負荷を掛けて運転します。

W7

バケツの中が洗濯機みたいです。

服も洗えたらいいのですが。

完成です。

お次はビックリしたのですが、お電話が掛かってきて

「トーハツ船外機の旧タイプの20馬力がほしいのだが、ありますか」

とのことでした。

キャブレタータイプのMFS20D(旧型)のEFLをご氏名です。

船外機なので指名しても追加料金はかかりません。

勝手にフルーツの代金が加算されることもありません。

しかし・・・メーカーさんに聞くとすでに旧タイプは完売の様子。

「残念ですが・・・」お客様にご返事をした直後、

旧知の営業さんより電話が入って、

事情を話すと、なんと、探し出してくれました。

この方にはパイロット店の件もそうですが、今回も助けていただき・・・

いや、ベテラン営業マンなので、

この方の手のひらの上で私が踊っているのかも知れない?

「持つべきものは友(感涙)」

で、あわててお客様にお電話「奇跡的に出てきましたぁ!」

W8

一瞬で買っていただきました。

到着したら、すぐに箱から出して輸送中の破損などないか

検品します。

そして儀式を開始します。

各部点検、増し締めを実施していきます。

W9

各メーカー各機種で見る所は違います。

過去の経験も踏まえて、チェックします。

W10

すっごくまれにですが、チェックが役に立ったことがあります。

また、キャブレターなどの季節に合わせた微調整などは

当たり前のように考えられます。

通販の場合は、購入者様自身がチェックしないといけないので

ご注意下さい。

納品前チェックシートが付いている = 2重のチェックを前提に設計/製造している

ということですね。

(組立て後の工場チェック+店頭での納品前チェック=2重のチェック)

W11

タンクとホースは汚さないようにしたいので

テスト運転時は使わないので、接続などチェックだけ行いました。

W12

陸上試運転開始です。

絶好調問題なしですね。

W13

ランヤードストップスイッチを外して停止するか

チェックします。

「異常なし!」

店頭チェックはお客様の安全のためでもあるので、

慎重に行います。

誰も見ていなくても適度に緊張します。

W14

保証書にあるチェック項目をすべて点検し、

印を入れ終わったら引渡準備完了です。

引渡時に取扱い説明を残すだけです。

次は中速度域での失速やアイドル時のオイルランプ点灯の

訴えのMFS6CSです。

部品が届いたので、聞いていたエンジンオイルとギヤオイルの

交換をします。

W15

1年半ぐらい使って、今回はじめてのギヤオイルの

交換です。

W16

少し、初回交換時期までの時間が長かったかな?

20時間ぐらいまでに1度するほうが良いです。

少し、初期に摩擦ででてしま金属の微細な粉や

汚れが多いかな。

でも、なにか問題が起こったわけではないので

「結果よければすべて良し」ですね。

W17

エンジンオイルはきっちり量って入れます。

私はメーカー記載の量(最大)の90%です。

今回のMFS6CSは450mlなので、405ml入れました。

その後、3回目の陸上試運転をしますが、

中速域の失速やアイドル付近のランプ店頭の症状は

ついに1度も現れませんでした。

海上で負荷を掛けないといけないのか?

様子を見て頂く事になりました。

さあ、次は2番のバルブの落ちていたBF15AMです、

ピストンに接触痕がありましたが、致命傷ではありません。

「このままいけるかな」

W18

予算無制限ではないので、現時点ではここはそのまま行く方針です。

W19

2番の排気バルブは交換です。

1番も磨耗度合いからみて、交換しておくことにします。

見積が出来ました。

古いエンジンでメーカーさんに部品がもう少ししか残っていないので

早く注文を掛けたいのですが、

お電話にお出になりません。

オーナー様、これ見ていたらご連絡下さい。

排気バルブ、あと6本で販売終了のようです・・・。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA