未分類

HONDA BF15AとBF2DK2とTOHATSU MFS6Cの修理

V15

みなさま、ご機嫌はいかがでしょうか?

最近何かと考えさせられることが多い

11月のスタートです。

今日も朝からご相談の電話があり、

売りっぱなしにされて困っているとか・・

世の中いろいろありますね。

そんな中でも「好きな」船外機の修理に集中している時が、

精神安定剤になっているワタクシです。

まずは平成11年式のHONDA BF15AMSJ、

中古アルミボートとセットで買ったが2~3回の出航で

一度もまともに走ったことが無い様子で・・・

V1

2番の吸気バルブが落ちて、見えております。

ちゃんとチェックしなかったか、確信犯的に

売買されたのでしょうか?

V2

これからバラしていきますが、オーナー様が気の毒なので

がんばって安く復活させてあげたいと思っています。

次はTOHATSU MFS6CS、

V3

アイドル運転時に時たまオイルランプが点灯するのと

中速で走行中に失速したのでと、来店されたのですが

症状がでません。

アイドル回転数は少し低いです。

これがランプ点灯の原因?

V18

トーハツサービス室にも問い合わせてみたのですが、

エンジンが掛かっていたら、少々回転が低くても

ランプは付かないはずだということで・・・

V20

マニュアルを読み込んでも、症状が出ない事には・・・

V21

バルブクリアランスも規定値どうりです。

V4

圧縮もあります。

レベルスティックでは入っている量が正確にわからないので

交換依頼も受けてますので、エンジンオイルを抜いてみます。

V19

規定値どおりの量でした。

現在、念のためキャブレターをばらしていますが、

異常は見つかっていません。

オーナー様と打合せしてGOをいただき

部品注文まで行きたかったのですが

「電波の届かない・・・」で・・STOP。

土曜日取りにきたいとのことだったので

少しあせっています。

オーナー様、もしこれを見ていたら

お電話下さい。

次はHONDA BF2DK2、水没機です。

V5

キャブの中で海水が固まると厄介なので、

まずこれから塩抜きします。

V6

ポタポタでてきます。

V7

念入りに行います。

スパークプラグが乾いていたので全バラしなくていいかもと

期待していましたが・・・

V8

インテークから塩水が・・・

全バラ決定です。

V10

クラッチシューは、錆びていましたが、

磨いたら再使用できそうです。

クラッチハウジングには大量の海水が・・・

V11

ベアリングもう使えないでしょう。

分解直後は回っていましたが、

本日確認したら「ゴリゴリ」って鳴りました。

ベアリング交換します。

エンジンオイルにも海水が・・・

V13

バラバラにするしかありません。

V14

バルブスプリングの周辺にも海水がいます。

「ああっ、分解してよかった~」

クランクシャフトとコンロッドの間にも

海水がいました。

V15

もしエンジン掛けていて、傷が入ってしまったら

後々焼きついたかも知れません。

ピストンは・・エンジンオイル焼けてたのかな?

V16

水没と関連はありませんが、良く汚れています。

良い機会なのできれいにしますよ。

V17

バルブにもかすかに錆が来てました。

ここも分解してよかったです。

BF2DK2の方はオーナー様と連絡がつきGOが

でたので部品注文しました。

あと今日は常連様が来店され、5馬力船外機を買っていかれたり

船体のお問い合わせが2件もあったり、

あっという間に21:00となりました。

今日はここまで、閉店ガラガラ~です~。

コメントを残す

*

CAPTCHA