未分類

HONDA BF2D6のお預かりが連続して・・・・・

D11

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか。

先週、委託販売船外機がお嫁に行ったのですが、

旧オーナー様が本日、お代金を受け取りに来店されて、

そのとき、「妻がお礼に持って行けと言って・・・」と

D1

これ、有名なおいしいやつですよね。

冷蔵庫で冷やして、いただきたいと思います。

本当に有難う御座いました。

お盆休み明けは、HONDA BF2Dの持込が

続いております。

D1-1

1つは買ってから1度もプロに見てもらったことがないのでと

故障はしていないのですが、整備のご依頼のBF2D6です。

D2

使用回数が少ない、きれいな船外機です。

各部点検していると、チルトアップしたらエアベント付近から

ガソリンが漏れてきます。

「あれ?」

D3

部品の組立ての順番が間違っていますね。

D4

ゴムパッキンが割れています。

これでは、いくら締めこんでも止まりません。

6~8年以上使っていて、運搬時のガソリンのにじみに悩んでいる方、

ベント部のゴムパッキンを交換してみてください。

ゴムなどの部品は、何でも寿命があります。

しかも、ガソリンタンクのチェックをしたら・・・

D5

エアベント部のスポンジが出てきました。

D6

本来はここに有るものです。

D7

最後は、ベントスクリューを締めて、液体を貯めて

漏れないかチェック、OKですね。

おそらくゴムパッキンが割れて車内がガソリン臭いので

キャップを分解したが、組み間違えた?

そんな感じかな?

燃料タンク内の状態は・・・

D8

微量のゴミを発見。除去しました。

あとエンジンオイル、ギヤオイル、スパークプラグ等を

D9

点検交換し、キャブレターを軽く分解清掃して、

試運転です。

D10

完了です。

お次は「エンジンは掛かるがスロットルを開けると

止まりそうになる」というBF2D6です。

試運転すると、確かにその通りです。

お持込になった場合、あれこれ症状を問診しながら

チェックするのですが、エンジンオイルが

すごく多く入っています。

エンジンオイルを指定量より多く入れると、

エンジンがそこそこの確立で吹けなくなります。

しかも、徐々に悪化するような・・・

ご指摘させていただくと、

「オイルだけで調子悪くなるんですか」とのことで・・・

なるんです。

入れすぎた量によりますので、100%ではありませんが・・・

D11

修理後、きちっと説明しないといけないので、

入っていた量を量っておきます。

D12

本来、最大で250mℓのところ、450mℓぐらい

入っていたようです。

450÷250=1.8倍、入っていました・・・

これは、たぶん調子悪かったかもしれません。

オイルは知人に入れてもらったとのことです。

D14

キャブのジェットもそこそこ汚れていたり・・・

D13

燃料タンク内にも、少し多めのゴミが・・・

しかも、においが普通ではありません。

かなり古いガソリンの匂いがします。

D15

プロペラには何かを巻いた痕があったので

外して点検しましたが、シャフトやシャーピンは異常なし。

よし、大体、状況がつかめました。

もうすぐ、完成です・・・・・。

コメントを残す

*

CAPTCHA