未分類

HONDA BF2D4の修理と中古BF90DK0が   売れて・・・・(汗)

14-2

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?

今朝、干している私の作業靴を見たら・・・

14-1

夏ですね~

セミさん、物好きですね。

臭くなかったかな?

先日、遊びに来た業者さんに見つかってしまった

再販前整備中の中古BF90DK0ですが・・・

14-2

まだこれからだというのに、バラバラなのに

「買います」と言われてしまいました。

お盆には間に合わせてほしいとのことなので、

がんばって再生していきます。

さて、常連S様のお友達の方のBF2D4が修理で

入ってきました。

14-3

カバーは一度交換したのかな?

14-4

キャブレターは古~いタイプが付いていました。

さらには・・・「このキャブ輸出仕様とちゃうの?」

14-5

パイロットスクリューに回転制限が付いています。

これでは、外して清掃できないので、制限を

外します。(日本では要らないもんね)

14-6

うまく壊さずに削れました。

これで細かい部分まで清掃できます。

14-7

中身はフロートとノズルが新しいのが入っていましたけど

ジェットは古いままのようです???

14-8

スロットルワイヤーの位置決めプレートの爪あとが

何箇所も付いています。

ここはきっちり位置決めしない人が多発し、

ケーブル折損につながるので、

昔、サービスニュースが出ました。

なので販売店の方なら皆さん調整方法をご存知です。

14-9

エンジンオイルも交換・・・汚れが・・・

2回交換しました。

1回目のは20分ぐらいの試運転ですぐに汚れて、

どうしても許せなかったので。

14-10

おっと、予備のシャーピンがホルダーごと無い!

これは見過ごせません。

14-11

付けときました。

14-12

シャーピンも折れて、長さが短くなったのが

付いていました。

交換します。

14-13

オイルレベルのファインダーにこのように

茶色の輪っか痕が付いているものは

あくまで私の経験上ですが、オイル交換頻度が

少ないケースが多いですね。

オイル交換しないと、寿命が短くなりますよ。

試運転が終わった後の最終チェック中に・・・

えらいものを見つけてしまいました。

14-14

過去にどなたか分解後に内部カバーの取り付けを

失敗しているようです。

またエンジン分解ですわ。

まあ、誰でもミスはしますし、私もやりかねませんので

これはサービスで作業しておきます。

14-17

再度最終試運転チェックを・・・

エンジンオイルを2回換えた効果でしょうか?

ベースアイドルが徐々に上がってきました。

少し回転を落としておきます。

エンジンはいつも正直で素直です。

きっちり整備するボートオーナーを

簡単に裏切ったりはしません。

さあ、午後からBF90DK0の組立てをしますか。

ほかにお盆までBF15Dを2台修理しないといけません。

やばいなぁ~間に合うかなぁ~・・・・・・・・・

コメントを残す

*

CAPTCHA