未分類

残業して一気に整備

11-6

みなさま、ご機嫌はいかがでしょうか?

今日は朝から2日分ぐらいの仕事が集中し、

午後からは電池切れくたくたになっていた

私です。

チームソフトバンクの挑戦が終わったようですね。

残念です。

いい線いっているという感じもあった様ですが・・・

main1

次回は日本人クルーによる参加も期待したいです。

がんばれ!チームソフトバンクジャパン。

さて、整備で入っている

TOHATSU M9.8B(S)

YAMAHA F9.9FMHS

YAMAHA 25NMHS

の整備を残業しながら一気に・・・

まずはM9.8Bを。

絞りがすごく狂っていました。

11-1

オーナー様、試運転してほしいとしきりに言っていたのですが、

これが原因だったのかな?

勝手にこれほど狂うはずはないのですが・・・

キャブのメインジェットも半詰まりでした。

11-2

YAMALUBEキャブクリを使って洗浄します。

短時間できれいになります。

有難うYAMALUBE!

時短の究極兵器ですわ。

11-3

ギヤオイルもプロペラシャフトも異常なし。

シャフトのグリスがカサカサでしたので

たっぷり塗っておきました。

TOHATSUのシフトシャフトの縁切りはスプリングピン。

11-4

これ、接続時に間違うことがないので大好きです。

11-5

最後に試運転しながらキャブレターの

最終調整をおこないます。

無事完了、お次はYAMAHA F9.9FMHSです。

内部アノードを点検します。

11-6

5~6年経って、体積は十分なのですが、

これ以上膨らむとはずせなくなるので

交換します。

¥100円ぐらいの部品代です。

外れなくなって中に落ちたら、大変ですから・・・

試運転したら、検水口からの水が霧状にでるので

確認したら、何か詰まっています。

11-7

貝殻の破片?

11-9

取り除いて、正常になりました。

ギヤケースをはずしてビックリしました。

ワタクシ、F9.9Fの分解は初めてだったようです。

「すごく細いシャフト・・・・」

11-10

この細さにするのは、かなり材質やいろいろ自信が

あるからでしょうから、すごく進化していると

言うことでしょう。

軽量化にも貢献していること間違いなし。

なお、このようにバーチカルシャフトの中間を

細く「クビレ」させるのは、万が一のプロペラなどへの

強烈な衝撃事故のとき、ここが折損して

クランクシャフトなど重要部を守る役目もあると聞きます。

YAMAHA船外機の進化を目の当たりにしました。

インペラーは卍党でした。

オーナー様、ちょうど良い時期に

11-11

交換のご依頼をいただいたようです。

お次は気の進まなかった、

他の人に2回修理をしてもらったが

アイドルエンストを繰り返すという

YAMAHA  25NMHSです。

「他の方がやっても直らないなら、

私がやっても直らないかも知れませんよ」と

事前に申し上げて、それでもというのでお預かりを

したのですが・・・

11-12

エンジンを吹かしていると、すごく調子がいいのですが

アイドリングでは、クシャミをしてすぐに停止。

オーナー様のおっしゃる症状のとおりです。

この25NMHSは、 2気筒で2キャブレターのモデルです。

なので、上下のキャブレターの調整を同じにしたあと

上下のキャブレターの弁の開閉角度を同時に同じ角度で

開いていくようにきっちり調整を

する必要があります。

難しい作業では無いですが、神経は使います。

まず上下共にきっちりキャブを整備調整します。

(上のキャブレターが少し狂っていました)

前方のエアクリーナーカバーをはずして

弁を見ながら、一度全閉設定にしてから

連結ロッドの長さをきっちり調整し、

同調を完璧にしないといけません。

11-13

キャブレターを一度はずすと、取り付け位置が微妙に変るので

毎回きっちり調整が必要です。

ここも狂っていました。

スロットルカムも当りっぱなしで

スロットルオフ時の遊びがなかったです。

エンジンを掛けたり停めたりしながら

何度も微調整を繰り返し、

正常になりました。

オーナー様、停止しなくなりましたよ。

分解はしなかったので安く済みました。

ワタクシの2ストローク船外機の4連キャブレターの師匠は

T社のFさんです。

大昔、4連キャブレターの微調整&同調を舞鶴で

細かくみっちり教えていただきました。

4スト船外機の4連キャブの師匠はY博士とH社のTさんです。

マニュアルには書いていない奥義は

一子相伝のごとくプロ中のプロに教わって

感謝とともに身につきました。

おかげでなんとかご飯が食べられます。

さあ、お次はMERCURY シープロ15です。

だいぶ修理が追いついてきました。

夏本番に向けて、がんばります!

コメントを残す

*

CAPTCHA