未分類

HONDA BF15AとBF2D6のシーズン前点検を実施!

A-1

皆様、ご機嫌は如何でしょうか。

本日は朝から事務処理もそこそこにツナギに着替え

作業をしていました。

まず、定期点検のBF15A。

A-1

昨年、バルブ周りをOHさせていただいており、

その後絶好調とのことでうれしくなります。

A-2

ギヤオイルを交換します。

そんなに汚れておらず安心します。

A-3

BF15Aのギヤオイルとエンジンオイルを抜きながら、

BF2D6の整備も並行して開始します。

A-4

BF15Aのギヤオイルを注入します。

よそ見をしていたら、多めにあふれました(泣)

A-5

グリスアップをすると、中からグリスと一緒に

水がポタポタあふれてきました。

やはり定期的なグリスアップは必要ですね。

A-6

プロペラシャフトにラインの巻き込み無し!

A-7

小馬力は特に、スラストワッシャーの前には

定期的なグリスの塗布をお願いします。

出ないとプロペラシャフト削れてしまうよ。

A-8

プロペラナットのロックのワリピンも、

適度に交換してください。

これが欠損して落ちると、プロペラ無くなります・・・

A-9

燃料タンクを点検していると、ゲージのフロートが

取れているのを発見。

応急処置をしておきました。

A-10

最後に試運転をして、アイドル回転数の微調整を

しました。

ほんの少し高めrpmにしておきましたね。

お次はBF2D6です。

A-11

他のBF船外機は容量の約90%を入れるのですが、

BF2D6は常に全開走行でオイルの消耗が激しいので、いつも

計測して100%(250cc)入れるようにしています。

A-12

エンジンの掛かりが悪いので、キャブレターのOHをしました。

A-13

プロペラシャフトに水草を巻いています。

除去しようとすると・・・

A-14

ラインも巻いていました。

危ないところでしたね。

A-15

こちらも最後は試運転。

BF2D6は、ほぼ規定値のrpmで調整をしました。

完了です。

A-16

最後はきれいに洗ってあげます。

今シーズンもがんばって親孝行してね。

さて、明日は北の方へシーズン前点検の出張作業で

留守にいたします。

ご不便をおかけいたしますが、

宜しくお願いしま~す。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA